【業務用脱毛機器おすすめ比較ランキング!】各人気メーカーの評判の脱毛マシンを口コミと一緒にご紹介!

日焼けした肌でも施術できる業務用脱毛器はある?

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/10
    

レーザー脱毛や光脱毛は黒い部分に反応しますので、施術期間中は肌を焼いてはいけないということが常識です。とはいえ、うっかり日焼けをしてしまうこともありますし、元の肌色が濃いという人もいます。

そんな場合にも対応できるマシンがあるのかどうかは気になるところです。ここからは最新の脱毛機の情報を書いていきます。

火傷などのトラブルが起きる可能性も

自宅でムダ毛処理をする場合はシェーバーや除毛クリームが使われることが多くなっています。こうした方法は簡単で安上がりですが、毛根部分は残ってしまいますのですぐに毛が生えてくるという欠点もあります。そして頻繁にお手入れをする必要がありますので、手間がかかりますし肌にも負担がかかります。肌荒れや埋没毛の増加で悩んでいる人もあるのではないでしょうか。

そこで注目されているのが、エステサロンや医療機関による脱毛です。現在は光やレーザーの照射による施術が一般的です。これらの方法は毛根部分に照射をすることで機能を破壊し、毛の再生を抑えていきます。無理に毛を抜く必要もありませんので、痛みが抑えられているのもメリットです。広い範囲も短時間で処理できることもあり、全身脱毛にも向いている方法です。

人気の高い施術ですが、実際に施術を受ける際は注意点もありますので、よく確認しておきましょう。まず、黒い部分に反応しますので日焼け肌では毛の色との区別もつきづらくなり、その効果が十分に発揮されない可能性があります。そして、照射をした際は火傷のリスクもありますし、痛みを強く感じるともいわれています。

脱毛を休まなくてはならないことも

日焼け肌では効果が出にくいこと、肌トラブルのリスクもありますのでサロンやクリニックでは日焼けをしないよう注意がされています。それでもうっかり焼けてしまうこともありますし、元の肌色が濃いという人も少なくありません。

肌が焼けてしまった場合は施術ができなくなり、一時的に休まなくてはならないこともあります。そうなると脱毛の完成までにはより長い時間がかかってしまいます。できることなら、肌が落ち着くのを待たずに施術を続けたいと考えている人もあるのではないでしょうか。

業務用脱毛機は、サロンやクリニックごとに違うものが導入されていますので、どのような機器が用意されているかを確認してみましょう。現在は、脱毛機もより開発が進んでおりさらに高性能で安全性の高いものも登場しています。

日焼け肌や色素の薄い色にも安全に施術ができるマシンも登場しています。こうしたマシンは毛根ではなく、毛包といわれる部分をターゲットにしており、肌や毛の色に関係なく施術ができると評判です。

話題のSHR脱毛について調べよう

多くのエステサロンでは光脱毛、医療機関ではレーザー脱毛が提供されていますが、最近はSHR脱毛と呼ばれる方式も注目されています。従来の方式では毛根のメラニン色素をターゲットとしていますので、強力な照射がおこなわれていました。それに対してSHR脱毛では毛包をターゲットとしており、弱い出力で広い範囲に刺激を与えていきます。

傷みも従来の方式よりもさらに抑えられており、敏感肌の人や子供の施術にも利用しやすくなっています。メラニンに反応させる方法ではありませんので、日焼け肌の人や肌の色が濃い目の人にも安全な施術ができるようになりました。

そして、毛の色にもかかわらず良い結果が得られるという特徴もあり、白髪や金髪、産毛などにも反応が良いことも人気の理由です。毛周期をあまり意識せずに施術を進めることができますので、脱毛が早く完了することもメリットです。

 

多くの脱毛サロンやクリニックでは毛根をターゲットにした施術が提供されています。黒い部分に反応するので日焼け肌では施術が受けられないこともあります。

最近は業務用脱毛機もより優れたものが登場しており、毛根ではなく毛包をターゲットとするSHR脱毛を提供するサロンやクリニックも増えてきました。メラニン色素に反応させないので、日焼けした肌や金髪や白髪、産毛などの色素の薄い毛にも反応が良いことも人気の理由です。