【業務用脱毛機器おすすめ比較ランキング!】各人気メーカーの評判の脱毛マシンを口コミと一緒にご紹介!

業務用脱毛機でシミになってしまう?

公開日:2019/10/01  最終更新日:2019/09/30
    

業務用脱毛機を導入したい経営者の多くが、メリットだけでなくデメリットも知りたいようで、性能はもちろん、肌トラブルにならない問題がクリアできているのかを疑問視しています。赤みや黒く跡になるのではないのか、そうした不安も検証してみましょう。

正しい使い方ではトラブルにならない

脱毛サロンの経営に欠かせないのが、業務用脱毛機ですが「本当に必要なのか」「デメリットはないのか」など、疑問を持ってしまう人も少なくないでしょう。導入するメリットは、サロン回転率がアップすることや、幅広いニーズに対応できること、脱毛での痛みを軽減できるなど、たくさんのメリットが挙げられます。

しかし、導入するのであれば肌に対して気になることも少なからずあるでしょう。例えば「業務用脱毛機でシミになってしまわないのか」という問題も耳にします。ですが、結論から述べれば、正しい使い方であるのならば、シミになることはありません。

今のサロン業界では、ただ脱毛をすればいい機種よりも、フォトエステ機能を搭載している機器を選ぶ経営者が増えているといいます。そして機能的にもさまざまなものがあって、施術をおこなうことによってシミをつくるのではなく「美肌効果」を得るものさえあるのです。

肌へのダメージを抑えることもできて、美肌になれる機能を使っている脱毛サロンでの施術は、人気を集めているようです。ムダ毛の悩みだけでなく、黒ずみ・肌の赤みなど、フォトフェイシャル機能は魅力にうつるでしょう。

できる原因は紫外線にあるから安心

業務用脱毛機を導入するにあたり、肌との相性というのも気になるでしょう。光フォトのメカニズムでは、黒色素だけに反応する特殊な光を肌に照射することで、ムダ毛だけにダメージが加わり、毛周期に合わせて抜け落ちるというものです。

加えて、肌代謝を活性化させることにより、シミの原因のメラニン色素を排出することができます。ですから「シミになってしまうのか」という不安もなく、改善の期待のほうが大きいのです。そもそも、紫外線を浴びて発生した活性酸素のダメージから体を守ろうとして、肌の表面にある細胞がメラニン色素をつくります。

沈着すると、肌の色が黒くなり、うまく排出されずに残ってしまうことでシミになるのです。紫外線と業務用脱毛機の特殊な光はまったく別物、こうした跡になることはありません。とはいっても、出力という特殊な光を肌の奥に届けるための強いレベルでは、ごくマレに火傷を負ってしまうケースが報告されているようです。

脱毛サロンでは火傷にならないように、肌を冷却しながら施術をおこなうようです。肌へのケアは万全ですが、火傷の程度によっては色素沈着した部分がシミのように見えることがあるようです。もちろん、毛周期と肌周期によって、皮膚は外側から剥がれ、新しい肌を生み出すので、徐々に薄くなり消えてしまいます。

性能がよければ跡になることもない

「シミになってしまうのか」という問題も、出力レベルのコントロールであったり、国内生産されている性能のいい機器を利用するなどの安全性をはかることもポイントでしょう。脱毛はしたいけどダメージが心配ということも解消できるはずです。

デリケートな肌でも施術をおこなうことができます。元からあるシミには光の照射が届かないようにパッチをつけるため、濃くなる心配もないといいます。

また、第三者機関で試験がおこなわれ、基準をクリアしている機器を導入することは肌トラブルを起こさないポイントです。紫外線帯域や電気的安全性、冷却装置など、トラブルに繋げないように機能試験がおこなわれます。万が一、肌トラブルを起こしても、薬の処方や皮膚科と連携しているなどのアフターフォローを整えることで、お客さんには安全面を謳うことができるでしょう。

 

業務用脱毛機は、国内産であれば性能もよく、アフターフォローをしっかりおこなえば、肌トラブルを防ぐこともできます。ただ、気になるのは色素沈着という問題で、紫外線の影響でシミができるのであって、光の影響ではできる心配はないようです。

もちろん、熱による火傷の不安も少なからずあるため、そうした肌トラブルを未然に防ぐためにも冷却装置や、フォトフェイシャル機能などでカバーできる、そうした魅力も製品によってあるようです。