【業務用脱毛機器おすすめ比較ランキング!】各人気メーカーの評判の脱毛マシンを口コミと一緒にご紹介!

業務用脱毛器の本体以外にかかる費用はどのくらい?

公開日:2019/11/15  最終更新日:2020/01/17
    

業務用脱毛機によって、本体価格は異なっていますし、ランニングコストにも違いがみられるため、本体以外にかかる費用の計算も必要です。1ショットにかかるコストの相場は0.1円から1.2円ほどで、1円違うだけでも、1年間お店の営業をした結果、コストが高くなる場合もあり、ランニングコストをきちんと調べることをおすすめします。

ランニングコストを考えていくことも大切

業務用脱毛機はたくさんの製品があり、価格を重視して商品を購入する方もいますが、本体価格以外にかかる費用の計算をしっかりとおこなうことも重要です。価格が安くても、ランニングコストがかかると、長期間脱毛機を使い続けるときのコストが高いと感じ、負担に感じる場合もあります。

製品情報をチェックする際に、本体価格だけではなく、ランニングコストにも注目しながら、バランスの良い製品を見つけて購入できるようにすることも大切です。ランニングコストとは、1ショットあたりの単価のことで、古い脱毛器ほど1ショットにかかるコストが高くなるケースが多く、新しい脱毛機への買いかえも重要になります。

1ショットにかかるコストの相場は0.1円から1.2円ほどで、ランニングコストが1円違うだけでも、負担が大きくなってしまいます。例えば、100万ショットで計算したときに、ランニングコストが1円違うだけで、約90万円金額が違ってくる場合があり、ランニングコストの計算は大事です。

1年間サロンを経営するときのことを考えると、ランニングコストが1円違うだけでコストが高くなるため、脱毛機の本体価格以外にもランニングコストに注目した製品選びは必要になります。

性能と価格のバランスに注目する

本体価格が安い業務用脱毛機を購入しても、すぐに壊れてしまうと、お店の営業に影響が出てしまいますし、修理代もかかります。お手入れにかかる費用や定期的に業者に点検をお願いするなど、維持費の計算をきちんとおこなうことも大事なポイントです。

故障することなく、長く使い続けることができる製品を購入することによって、仕事でトラブルが起こる心配なく、費用も抑えられます。メンテナンス保証が充実するサービスを見つけるなど、製品を購入してから安心して使い続けることができるように、サポート体制をチェックすることも必要です。

幅広く脱毛機の情報を集めることで、長期の無料故障保証期間付きで、価格も安く抑えられている製品を見つけることも可能です。比較サイトをチェックすることで、業務用脱毛機の特徴をチェックしやすいですし、性能と価格をチェックしながら、バランスの良い製品を見つけやすくなります。

扱いやすいマシンを見つけることも重要

性能が良く、高機能の業務用脱毛機を購入しても、スタッフが扱いにくいマシンと感じてしまうと、仕事に影響が出てきます。操作ミスが起こらないようにするためにも、安心して使用できるマシンを見つけることができるように情報収集に力を入れることは必要です。

本体価格が高い製品が扱いやすいとは限らないため、今使っている古いマシンと操作の仕方が似ているなど、マシンの使い方を覚えやすいものや扱いやすい工夫がされている製品にも注目です。シンプルな操作画面の脱毛機もありますし、動作音が少ないマシンを使うことによって、お客様との会話もしやすくなります。

 

業務用脱毛機は、本体価格が150万円から500万円ほどの価格の違いがあり、たくさんの製品の中から選ぶことが大切です。本体価格以外にも費用がかかり、ランニングコストの計算をしっかりとおこなうことをおすすめします。

ランニングコストとは、1ショットあたりの単価のことで、古い脱毛器ほど1ショットにかかるコストが高くなるため、新しい製品への買いかえは大事です。性能と価格のバランスをしっかりと考えて、価格が抑えられており、長期間の無料故障保証期間付きの、安心して使える脱毛器を見つけることも重要になります。