【業務用脱毛機器おすすめ比較ランキング!】各人気メーカーの評判の脱毛マシンを口コミと一緒にご紹介!

業務用脱毛器の故障リスクを下げるには?長く使うためにも確認しよう!

公開日:2021/09/15  最終更新日:2021/08/31
    


検討に検討を重ねて導入した業務用脱毛器は、できるだけ長く使いたいものです。とはいえ、避けることが難しいのが「故障」です。この記事ではなるべく故障のリスクを抑えながら業務用脱毛器を使うためのポイントと、故障の対処法について解説します。

業務用脱毛器の故障のリスクを下げるためには?

どれだけ性能のよい業務用脱毛器でも故障のリスクはゼロではありません。リスクを抑えながら使用を続けるためには、メンテナンスと買い替えがポイントです。

定期的にメンテナンスを行う

定期的に丁寧なメンテナンスを行えば、業務用脱毛器は長く使えることが多いです。液晶パネルやハンドピースなど、セルフメンテナンスが可能な部分は、それをルーティンにしてしまうとよいでしょう。またパーツを分解して行うような細かい部分のメンテナンスは、業務用脱毛器のメーカーに依頼します。

たとえば人間ドックで小さな異常が見つかったとき、その芽をつむことで大きな病気になるのを防ぐことができる場合があります。業務用脱毛器も同じように、その道のプロであるメーカーのメンテナンスを受けることで、故障のリスクは下げられるでしょう。

買い替えを視野に入れる

業務用脱毛器は消耗品です。よい状態で使い続けるには、約5年を目途に買い替えを検討するのも一つの方法です。モデルチェンジなどが激しい業務用脱毛器のジャンルでは、導入時は「最新の業務用脱毛器」であっても5年ほどすれば「古いタイプの業務用脱毛器」となるでしょう。メンテナンスの延長として、時代のニーズに合わせて、買い替えを検討するのもよいのではないでしょうか。

業務用脱毛器が故障した場合の対処法も知っておこう!

業務用脱毛器がもし故障した場合は、どのように対応すればよいのでしょう。守りたいポイントを解説します。

稼働をストップさせる

業務用脱毛器に異常を感じた場合は、すぐに稼働をストップさせましょう。また施術中のお客様の目の前で異常が起こった時は、お客様が不安にならないような声かけをし、別の施術ルームに案内するなどの対応が必要となるでしょう。後日、適切な修理を受けるためにも、業務用脱毛器に少しでも異常を感じた場合は稼働をストップさせることが大切です。

メーカーに連絡をいれる

異常を感じた場合は、なるべく早めにメーカーに連絡をいれましょう。その後の対応としては、修理担当者に直接きてもらうか、使用している業務用脱毛器の「代替機」をしばらく使用することになるでしょう。修理が必要となるケースもあれば、ただの誤作動といったことも考えられます。普段からメンテナンスをお願いしているメーカーに、なるべく早めに連絡をいれてください。

業務用脱毛器が故障したときにするべきでないこと

業務用脱毛器が故障したときにまずは稼働をストップすることが大切ですが、するべきではないこともあります。注意したいポイントを紹介します。

自分で修理しようとしない

業務用脱毛器を自分で修理することは、非常にリスキーです。「知識が不充分なままなんとなく分解してみたら元に戻せなくなった」といったことは避けたいものです。メーカーが定める保証期間内であっても、正しい使い方をしていなければ適切な補償が受けられないことがあります。「故意に故障させた」との誤解を避けるためにも、自分で修理をすることはやめましょう。

メーカーではない業者に修理を依頼しない

修理を急ぐときでも、普段からメンテナンスなどを依頼している業務用脱毛器のメーカーに修理を依頼しましょう。業務用脱毛器を修理に出し、代替品が届くまでの期間はとても待ち遠しいものです。しかし「すぐに修理に来てもらえる」という理由から、幅広い機器の修理を手掛ける業者に依頼するのはやめておきましょう。そうした修理業者はリーズナブルであることが多いものの、メーカー以外で修理をした場合に保証が受けられなくなることもあります。

 

業務用脱毛器を長く使うためには、定期的なメンテナンスがポイントです。もし異常を感じた場合は、稼働をすぐにストップしましょう。また修理の依頼は、業務用脱毛器のメーカーにお願いし、丁寧なメンテナンスを続けて、気持ちよく使い続けてください。