【業務用脱毛機器おすすめ比較ランキング!】各人気メーカーの評判の脱毛マシンを口コミと一緒にご紹介!

業務用脱毛機は電力供給が大事になる?

    

 

 

業務用脱毛機の導入を考えている場合、どういうものを選択すればいいのか分からない、たくさんあって悩んでしまうということもあるでしょう。

今はさまざまな機能がついているものもありますし、電力供給で選ぶことも可能になっています。

 

 

 

どれくらいの電力を使うのか比較をしておく

業務用脱毛機を導入する際に電力をどれくらい使うのか、ということもチェックをしておくとよいでしょう。省電力でも稼働をさせることができる機種も今は増えてきています。

省電力で対応をすることができる機種であれば、施術を受ける人の経済的な負担も軽減させることができます。電気料金もかなり変わってくるということがあるので、電気供給に関してはしっかりとチェックをしておくことが求められます。意外と電力を使ってしまうという機種もあるので、十分注意をしたほうがよいでしょう。

ハイパワーで脱毛を行うことができるというのもメリットはありますし、効果も期待することができるかもしれない、と考えがちです。しかしハイパワーで施術を行うとお肌へのダメージが大きくなってしまうというデメリットもあるので、メリットとデメリットを理解しておくことも必要になります。

それでも最近では、大体どの業務用脱毛機も同じくらいの電力で施術を行うことができるようになっていますので、それほど神経質になることもないでしょう。

 

複数台所有をする場合に考えること

複数台の業務用脱毛機を所有して、一度に何人もの施術が可能としているのであれば、施術を受ける人も予約がとりやすいというメリットがあります。しかし一度に複数台稼働させてしまうと消費電力もアップしてしまい、場合によっては契約をしている電気量を超えてしまうということも考えられます。

契約量以上の電気量を使ってしまうと、ブレーカーが落ちてしまい、電気が断絶をしてしまいます。施術中にブレーカーが落ちてしまうというのは施術を受ける人にも恐怖を与えることになってしまいますし、照明も落ちてしまうので施術の際のトラブルの原因になってしまうこともあります。

契約電気量をアップさせるか、もしくは業務用脱毛機も消費電力を抑えたものにするのか、ということを検討しなければいけません。複数台所有をすると効率もよくなりますが、電気量に関する点での注意が必要になってくるので、よく考えたうえで購入をしなければいけません。

 

脱毛以外の施術の際にかかる電気量

今の業務用脱毛機は脱毛だけではなく、ハンドピースを変更することによってフェイシャルの施術を行うことができるなど、機能も充実したものが増えてきています。脱毛の際の電力とフェイシャルの際の電力には違いが出てくることがあるので、フェイシャルの施術をする際の電気量に関しても調べておくとよいでしょう。

ハイパワーで施術を行うとお肌へのダメージも強くなってしまいますし、弱すぎても効果を得ることができないということがあるので、調整はかなり難しいです。脱毛以外の機能に関してはどれくらいの電力を使うのは把握をしていないままで使ってしまうというサロンもあるようなので、できるだけ詳細のチェックをおこなって安心して利用をすることができるようにしておくとよいでしょう。

 

業務用脱毛機を導入する際には電力供給に関してもしっかりとチェックをしておく必要があります。今は大抵電気を使って施術を行うので、供給を得ることができない部屋などで設定をしてしまうと困ることになります。電気を摂ることができる場所の確認をしたうえでレイアウトを考える必要もあります。

またどれくらいの電力を使うのかということも併せて確認をしておく必要があります。特に複数台所有をしている場合には契約電量を超えてしまうことがあるかもしれません。契約量を超えないようにして使うことができるように機種を選ぶ必要があります。