【業務用脱毛機器おすすめ比較ランキング!】各人気メーカーの評判の脱毛マシンを口コミと一緒にご紹介!

業務用脱毛機を購入するなら複数比較を!選ぶポイントは?

公開日:2021/07/15  最終更新日:2021/04/05
    


エステサロンなどでこれから業務用脱毛機を購入したいと思っていませんか。その際は、複数比較をしてから決めることが大切です。知人などからすすめられた場合でも、本当にそれでいいのか一度立ち止まって考えた方がよいです。他にもっとよい機種がある可能性も高いので、おすすめされたとしても即決しないようにしましょう。

産毛なども含めてムダ毛を脱毛しやすいか

全身のムダ毛を見てみると、太い毛もあれば産毛もあり、場所によって全然違うことがわかります。業務用脱毛機を選ぶ際には、どのようなムダ毛であっても対応できるのかどうかをよく考えた上で決断してください。全身脱毛にも対応できるように、毛の種類に関係なく施術できることを確かめましょう。

業務用脱毛機を比較してみると、機種によって違いがあることがわかります。主にどこを見て比較すればよいのかというと、パルス幅です。パルス幅が大きい方が1ショットの発光時間が長くなります。購入を検討しているなら業務用脱毛機の最大パルス幅を比較してみましょう。

これが性能を表しているので重要です。発行時間が長い方が優しい光となるため、肌への負担が軽減されます。なるべく痛みの少ない施術をするためには、パルス幅が大きい機種を選んでください。肌への負担が少ないということは、痛みを感じなくて済むということです。痛くない施術の方がお客さんは好むでしょうから、必ずこれは確認しておきましょう。

どのような状況であっても無痛で施術できるかどうか

施術する際は、できる限り痛みがない方がよいです。痛みがあるかないかを踏まえてどこで施術を受けるか考える人もいるほどです。光を利用した業務用脱毛機は一時的に内蔵されたキャパシタに電気を貯め込み、それを光エネルギーに変えて一気に放出します。

このキャパシタに注目してください。一時的にどれくらいの電気を貯め込むことができるのかを比較します。この容量が大きいほど1ショット当たりのパルス幅が長くなります。つまり、容量が大きい方が痛みが少ない施術をできるということです。

キャパシタの容量の単位は、μF(マイクロファラッド)で表します。では、どれくらいの容量があると施術した時に痛みを感じなくて済むのでしょうか。痛みの感じ方にはもちろん個人差がありますが、20,000μF以下だと痛みを感じるといわれています。この数値を基準に考えてみてください。20,000μFを上回ったものであれば、施術をした際に感じる痛みを軽減できるでしょう。

高速稼働時であっても電力を供給できるのか

できる限り痛みが生じない施術にするために、業務用脱毛機のパルス幅やキャパシタの容量に注目したわけですが、これらの性能を活かすためにはきちんと電力供給できていなくてはなりません。肝心の電気が供給されなければ痛みの少ない施術を実現できなくなります。

しっかりと電力供給がされていなかった場合は、1秒当たりのショット数を増やしてもパルス幅が短くなったり、光が弱くなってしまうことが考えられます。そうなってしまうと、施術してもうまく脱毛できなくなるかもしれません。痛みが生じる可能性もでてくるでしょう。

光が弱くなってしまったために、往復で施術が必要となってしまい、施術時間が長くなることも考えられます。そうならないようにするためにも、どのような状況であっても電力がきちんと供給されるようにしておかなくてはなりません。電気さえ供給できていれば、性能がよい業務用脱毛機のよさを生かした施術をできるでしょう。

 

たくさんの業務用脱毛機がありますが、以上のことを踏まえて選べば、常に痛みの少ないよい施術を提供できるはずです。意外なところでは、電力供給の問題まであります。どんなによい機種であっても電気がないといけないので、この点にも注意が必要です。