【業務用脱毛機器おすすめ比較ランキング!】各人気メーカーの評判の脱毛マシンを口コミと一緒にご紹介!

業務用脱毛機を使用すると痛みが出る原因とは?

公開日:2019/05/14  
    

 

業務用脱毛機とは、ライトを照射して体毛の毛根に働きかけて少しずつ薄くしていくものです。

脱毛と聞くと一度で毛がなくなると思っている人もいるようですが、完全に毛が生えてこなくなるまでには、早い人でも3~5年かかるそうです。

実際に脱毛器を使ったときの痛みはあるのでしょうか。

 

 

 

脱毛器を使う前に注意したいこと

業務用脱毛機を使って脱毛をする日の前日は、基本的にお酒は飲まない方が良いです。脱毛器では、肌に照射することになるので人によっては軽い日焼けのようなヒリヒリした状態になります。前日にお酒を飲んでいると、自分では気が付かなくても普段と違う体調の変化が現れる可能性が高くなりますので十分に注意が必要です。

その他に準備しておくことは、顔用の電動カミソリなどの肌にダメージを与えないもので脱毛予定部分を軽く剃っておくことです。

毛を伸ばしたままで脱毛を行うこともできますが、毛根にライトが届きにくくなってしまい、脱毛効果に時間をかけてしまう結果になるので前もって軽く剃毛しておくことが望ましいです。

 

脱毛器で生じる痛みとその理由とは

ひんやりとしたジェルを塗り、電源を入れると一定の間隔で照射が始まります。同じ場所を続けて照射しないように注意しながらゆっくりと脱毛していきます。このときに感じる痛みは人それぞれではありますが、一般的には毛が濃い個所で痛みを感じる人が多いようです。

薄い部分では、早い段階で脱毛の完了が期待できますね。ただ、最近よく聞くVIOなどの部分は脱毛したい人が多い反面、本来守る部分で濃い毛が密集しているために痛みを感じる人が多いです。薄くしたい気持ちと、痛みに耐えることでの葛藤がある箇所かもしれません。

 

脱毛をすることは肌をしっかりと潤すこと

結局は、全身脱毛をしたい人で5年以上の時間を要します。照射というのは肌にダメージを与える方法になるので、もちろん毎日はできませんし、普段以上に肌を保湿する必要があります。それを怠ると、脱毛が完了したときに毛がなくなってツルツルのはずが乾燥でカサカサな肌では、魅力は半減してしまい本末転倒です。

綺麗を目指して脱毛を始めたのであれば、肌を綺麗に保つ努力も並行して続けていって欲しいです。綺麗は作れますが、努力なしには手に入りません。健康面での美容も心がける必要がありますね。

 

業務用脱毛機の使用と効果について書いてきましたが、業務用というだけあってその効果は絶大に感じました。最近では冷却機能を備えているものもあり、それがあると脱毛時の痛みが軽減するようです。

毛が濃い部分であればあるほど痛みは増しますが、冷却機能を取り入れることで痛みにアプローチできるのはとても心強いと思います。一度痛みを感じると、その後の施術時には、若干のトラウマが生まれてしまいがちです。それゆえに諦めてしまう人がいるのも事実です。

痛み以外にも、思っていた以上に時間がかかることだったり、お酒を我慢することが挙げられます。肌ダメージを軽減する狙いから、日焼けにも気を付ける必要もあります。綺麗を手に入れるために、自分のために努力を貫いた人が美しくなれるのです。

大変な道のりになることは想像に値しますが、なりたい自分を明確に持っている人には叶えられることだと思っています。努力という自信を身に付けた女性はそれだけで美しいので、それぞれが目指す自分になって欲しいと思います。