【業務用脱毛機器おすすめ比較ランキング!】各人気メーカーの評判の脱毛マシンを口コミと一緒にご紹介!

業務用脱毛機は一般的なコンセントでも使用できる?

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/08/19
    

美しい肌を目指し、エステ脱毛や医療脱毛に通われている方も多いでしょう。そこで使われている業務用脱毛機の性能は、家電量販店で手に入る脱毛機とは比較にならないほど優れています。「家で好きなときに業務用脱毛器を使えたら…」と思いますよね。しかしそもそも家庭の一般的なコンセントで高性能機器は使用できるのか確認してみましょう。

ご希望の脱毛機のスペックを知りましょう

美しい肌づくりのお役立ちアイテムといえば業務用脱毛機です。憧れのものや自分にぴったりの機種は人によって違います。機種が違えばスペックも違い、それぞれの性能や方式、消費電力であるワット数にも違いがあります。ここでは例として業務用脱毛機を扱っている各社の主な機種における、消費電力のみをピックアップして比較してみます。

株式会社富士美容機が「ペガサス」2,500w、レナード株式会社「バイマッハ」が2,000w、株式会社エストラボ「ルミクス・A9」が2,400~2,500w、株式会社NBS「CLEAR/SP-ef#」が1,650w、株式会社エクレーヌ「CUBE_DUO」が1,200wとなっています。2,500wから1,200wまで機種によってかなり幅があるといえます。

ここで少し中学生時代を思い返してみましょう。理科の授業で習った電気に関する単位には、さまざまなものがありました。今お話ししたワットのほか、ボルトやアンペアなど。あのころの記憶をたどりながら、ちょっぴり科学的に、家庭用の一般的なコンセントでの使用が可能なのかということについて考えていきます。気になる脱毛機のワット数はどのくらいでしょうか。

実際に個人で導入することは稀かとは思いますが「使えるのか、使えないのか」という点は単純に気になる問題ですよね。また、ご自宅でサロン開業などを検討されている方にとっては「もし使えない場合にはどうしたら使えるようになるのか」が気になりますよね。各機器のホームページなどで把握されておくと、導入に向けて参考になると思います。

一般的なコンセントは何ワットまで使えるの?

家庭で電気を使用する上で100ボルトという単位は耳にされたことがあるでしょう。ボルトとは電圧と呼ばれるものを表す単位で、日本の家庭では大体この100ボルトという電圧で家電は動いています。電気・テレビ・冷蔵庫などは普通のコンセントに挿して使うことができます。

しかし、電化製品の中には決まったコンセントで使う機器もあります。代表的なものがエアコンです。エアコンは一度にたくさんの電気を必要としますが、そのたくさんの電気を生み出すもとが電流です。電流にはアンペアという単位が用いられます。

エアコンであれば、例えば100ボルト・15アンペアというものがあります。たくさん電気を使う時は、15アンペアの電流が流れるということを表しています。そしてこのボルトとアンペアを掛け合わせた数字(100×15=1,500)が消費電力ということになります。

100ボルト・15アンペアのエアコンの場合であれば、100×15=1,500wということです。家庭の屋内配線の場合、使われている配線の能力などから電流の上限はおおむね15アンペアになっています。つまり一般的なコンセントで使えるのは「15アンペアで、1,500wという消費電力が上限」ということになります。

家庭の上限を超えた2,000ワットの機器が使えるわけ

先に挙げた各社の機器では、消費電力2,500wというものまでありましたが、実はそれも家庭で使うことができます。先ほど15アンペアで1,500wが上限と言っていたのにどうして使用できるのか、種明かしをします。 実は家庭においては100ボルトに加え、200ボルトも同時に使うことができるのです。それによって2,500wの機器も使用することができます。

ただし200ボルトを使用するには、200ボルト対応のコンセントを設置する、家の中での工事が必要になります。それほど古くないお宅であれば、単相3線式という方式で電気が引かれてきていますから、他に大掛かりな工事は必要ありません。この工事ができるのは、電気工事士などの資格をもった方などに限られますので、工事の際には電気工事店に依頼をしてください。費用の相場はおおよそ5,000円前後です。詳しくは工事をお願いするお店でのご確認をお願いします。

また業務用脱毛器をご家庭で使用の際には、安全のために注意するべきことがあります。基本的に1,500w以内であれば、今お使いの家庭用コンセントでもそのまま使えます。ただしコンセントは業務用脱毛機のみ単独で使い、他の家電とたこ足配線などで共有しないようにしてください。他の家電と同時に使用した場合、過度に熱を持ったりして危険ですのでくれぐれもなさらないようお気をつけください。

 

業務用脱毛機は一般的な家庭用コンセントでも使用できるか、いうことについて、少し電気のお話も含めて致しました。結論としては、消費電力の大きな機器でも、200ボルト対応のコンセントを設置すれば、問題なく安心して使えます。普段目にすることのない2,000wなどの消費電力の大きな機器も問題なく使えますから、費用の問題さえクリアできれば業務用脱毛機の選択肢もぐっと広がるのではないでしょうか。