【業務用脱毛機器おすすめ比較ランキング!】各人気メーカーの評判の脱毛マシンを口コミと一緒にご紹介!

脱毛サロン開業に必要なものを一挙紹介!

公開日:2024/01/01  最終更新日:2023/07/21
    

脱毛

これから脱毛サロンを開業する予定の人は、今回の記事を参考にして準備を進めていきましょう。自宅サロンの場合とテナントサロンの場合では、開業資金や物件選びの有無などに違いがあるので、今回の記事で確認しましょう。大まかな流れを把握しておくと、順調に準備を進められます。

脱毛サロンの開業に必要なもの

脱毛サロンの開業は、美容業界で成功を収めたい起業家にとって魅力的な選択肢です。

しかし、サロンを成功させるには、適切な準備と必要な設備を整えることが不可欠です。

物件

自宅で開業する場合は、自宅にスペースを作らなければいけません。

また、テナントを借りてサロンを開業する場合は、物件探しから始めることになります。

備品や機器

どのような備品を揃えなければいけないのか、計画を立てるところから始まります。

機器もサロンのコンセプトに沿ったものを用意するようになるでしょう。

開業資金

自己資金だけでは不足してしまう可能性があります。そのようなときは、親族などから資金を借りる方法があります。

開業資金はいくら必要?

自宅サロンの場合は、開業資金が抑えられますが集客方法を工夫する必要があるでしょう。

テナントサロンの場合は、視認効果がある場所に店舗を構えられると宣伝効果が期待できます。

自宅サロンの場合

およそ100~200万円が必要になります。テナントを借りるための費用が発生しないので、テナントサロンよりも費用の負担は軽減します。

主な出費は、備品代でおよそ10~30万円、業務用のエステ機器でおよそ100~500万円となっています。

テナントサロンの場合

およそ400~500万円が必要になります。1か月の家賃が20万円の場合は、年間で家賃だけで240万円を負担することになります。

物件を契約するときに、ある程度のまとまった資金が必要になるので、そのときまでに準備しておきましょう。

脱毛サロン開業までの流れ

美容業界で脱毛サロンの需要が高まる中、多くの起業家が脱毛サロンの開業に挑戦しています。

しかし、開業までには計画的な段取りが欠かせません。以下では、脱毛サロンを開業するまでの流れをご紹介します。

業務用脱毛機を選択する

こちらは、売上や集客に関わってくるので、適当に選択してはいけません。

ただし、値段が高い業務用脱毛機を導入すれば良いというわけでもないので、アフターフォローのサービスが充実しているメーカーのものを購入するなど、自分に合ったものを選択しましょう。

事業計画書を作成する

事業の概要、コンセプト、今後の見通しなどを記載します。金融機関から資金調達するときは、必ず必要になるので作成しておきましょう。

資金調達する

金融機関から資金調達する方法や、助成金や補助金を活用する方法があります。

助成金や補助金を申請できる条件は決まっているので、事前に確認しておきましょう。

物件や内装を検討する

ターゲット層が足を運んでくれる場所にサロンを開業しましょう。

利便性が良いと、繰り返し通ってもらえるようになります。また、近傍に競合がいないことも重要なポイントです。狭い商圏でお客さんを奪い合うことになるからです。

メニューを検討する

施術内容や価格を決定します。サービスを利用したいと考えているお客さんが、支払える価格帯に設定することが大切です。

しかし、店舗として毎月の売上目標を達成することも大切なので、あまりにも値段が安すぎるのは避けたほうが賢明です。

集客方法を検討する

知り合いにサロンを宣伝してもらう、チラシを配布する、SNSで情報を発信するなどの工夫を怠らないようにしましょう。

備品を購入する

タオル、ベッド、シェイバーなどを購入します。業務を行うために必要な備品を購入すると、予算オーバーになってしまうかもしれません。

施術の練習を行う

業務用脱毛機を使用して施術の練習を行います。

技術が未熟の状態でお客さんにサービスを提供するのはよろしくありません。トラブルを未然に防止するために取り組みましょう。

まとめ

脱毛サロンをいつまでに開業したいのか明らかにした後は、業務計画を立てて準備を進めていきましょう。また、人気のある場所に開業する場合は、競合も同じエリアに出店を考えている場合があります。そのため、気になる物件が見つかったときはすぐに内覧に出かけるようにしましょう。いろいろと並行して準備を進めていくことになりますが、ほかの人の力も借りて成功させましょう。

 

おすすめ業務用脱毛機一覧

イメージ1
2
3
4
5
会社名株式会社富士美容機(ペガサス)レナード株式会社(バイマッハ)株式会社エストラボ(ルミクス・A9)株式会社NBS(CLEAR/SP-ef#)株式会社エクレーヌ(CUBE DUO)
価格341万円468万円470万円261万8,000円(税込)151万8,000円(税込)
ランニングコスト
(1ショットあたり)
0.15円0.3円(0.49円以下完全保証)0.1円0.18円0.46円
性能高価格帯の脱毛機に劣らない基本性能で、2500Wの電力供給が圧倒的かつ安定した脱毛効果を発揮美容にも効果大!イオン導入の同時照射が出来、2本のハンドピースの同時冷却の他、各種機能が充実。デザイン性にこだわりつつ、性能も最高レベルな上、業界初の新機能、BBL(Broad-Band-Light)を搭載脱毛方式にTHRを採用!「抜ける光」で施術時間を短縮。導入効果で顧客満足度の高いCLEAR/SPシリーズセパレーツタイプとなっており、上下に分割することで上が15kg、下が18kgで移動が楽!業務用脱毛機の中でも最安値の価格帯
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
プロが厳選する業務用脱毛機「詳細はこちら」