【業務用脱毛機器おすすめ比較ランキング!】各人気メーカーの評判の脱毛マシンを口コミと一緒にご紹介!

脱毛サロンを開業するなら自宅サロンとテナントどっちがおすすめ?

公開日:2022/10/01  最終更新日:2022/09/28
    

脱毛サロンを開業する場合、自宅サロンにするのかテナントにするのか悩む点ではないでしょうか。自宅サロンの場合は、一軒家とマンションで違いが出てきてしまいます。この記事では、自宅サロンとテナントの場合のメリットやデメリットをまとめているため、開業の際の参考にしてください。

脱毛サロンを開業するなら自宅サロンとテナントどっちがよい?

脱毛サロンを開業する場合、自宅サロンとテナントどちらがよいのでしょうか。どちらもメリット、デメリットがあるためどちらがよいと一概にはいえません。

ただ、開業の際にできるだけ費用をおさえたいと思った場合、自宅サロンがおすすめです。集客できるようになって、余裕が出てきたらテナントを借りて拡大していくとよいでしょう。

自宅サロンのメリット・デメリット

自宅サロンのメリットやデメリットについてまとめておきます。自宅サロンの場合は、下記のようなメリット・デメリットがあります。

メリット①物件の費用がかからない

自宅の場合、賃貸でなければ家賃が発生することはないうえ、物件を購入することもないので、初期費用をグンと抑えることができます。開業する際は、さまざまな費用がかかりますので、物件の費用をおさえられる点で、スムーズに開業しやすくなるといえるでしょう。

メリット②自分のペースで開業・運営しやすい

物件の下見なども必要ないため、自分のペースで開業しやすいといえます。また、自宅で開業することで、家事や育児などと両立しやすいという点もメリットでしょう。予約の時間を調整しやすいです。

デメリット①オン・オフの切り替えがしにくい

自宅で仕事をすることになるので、仕事とプライベートの切り替えがしにくくなってしまうという点はデメリットです。

デメリット②顧客に自宅を知らせることになる

どのような方がお客さんになるか分からないので、自宅が知られてしまうという点はやや不安に感じる方も多いのではないでしょうか。予約が確定した時点で住所を知らせるという方法を取られている方も多いです。

マンションサロンのメリット・デメリット

マンションでサロンをOPENするという場合、自宅ではなく新たにマンションを借りるケースと、そのまま住んでいるマンションを使い生活スペースと分けるケースがあります。マンションサロンのメリットやデメリットをまとめておきます。

メリット①内装がおしゃれにできる

サロンのコンセプトに合わせてマンションの内装を変えられるという点はメリットです。生活感が出てしまいやすいおうちサロンと比べて、サロンの雰囲気を出しやすくなるでしょう。

メリット②1Kや1LDKでも開業できる

脱毛サロンだけをマンションで開業するなら、1Kや1LDKでも開業可能です。賃料を抑えて開業できるといえるでしょう

デメリット①初期費用がかかってしまう

マンションを借りたり、内装を凝ったデザインにしたりすると費用がかかってしまいます。

デメリット②商業利用できない場合も

気に入った物件があったとしても、商業利用できない可能性があります。事前に確認しなければいけません。

テナントのメリット・デメリット

テナント店舗の場合は、どのような場所にテナントとして入居するのかで変わってきます。メリットやデメリットをまとめておきます。

メリット①内装もこだわれる

細かい内装にこだわることができるのがテナントのメリットです。

メリット②看板も出せる

ビルには看板を出すことができるので、集客しやすくなるうえ、目に留めてもらえる機会も多いです。

デメリット①費用が高くなる

おうちサロン、マンションサロンと比べると費用が高くなってしまいます。費用をおさえたい場合は、テナントだと難しいでしょう。充分な運転資金、開業資金を準備しておかなければ赤字になってしまう可能性もあります。

まとめ

脱毛サロンを開業する際は、自宅サロンとテナントサロンどちらがよいのかお伝えしました。それぞれメリットとデメリットがありますが、小規模なサロンであれば、最初は自宅サロンで始めていくのが安心ではないでしょうか。まずは、資金計画、開業計画をしっかり立てるところからはじめましょう。