【業務用脱毛機器おすすめ比較ランキング!】各人気メーカーの評判の脱毛マシンを口コミと一緒にご紹介!

医療レーザー脱毛機の種類や特徴を解説!

公開日:2023/12/01  最終更新日:2023/07/21
    

?

医療レーザー脱毛機は、永久脱毛を実現するために使用される革新的な技術です。ここでは、主要な医療レーザー脱毛機の種類やそれぞれの特徴について解説。医療脱毛器にはアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザー、ヤグレーザーなど、それぞれ異なる波長や効果があり、さらに蓄熱式と熱破壊式の2つの照射方法にも触れていきます。

医療レーザー脱毛のメカニズム

医療レーザー脱毛は、近年人気が高まっている永久脱毛の方法のひとつです。

この施術は、毛根に対して特殊なレーザーを照射することによって、毛を生やす元を破壊し、永久的な脱毛効果をもたらします。

医療レーザー脱毛の基本的なメカニズムは、黒い色素であるメラニンにのみ反応するレーザーを使用することです。レーザーは毛根に存在するメラニンに吸収され、光エネルギーをに変換します。

この熱は毛根に伝わり、発毛司令塔であるバルジ領域や毛乳頭を破壊する役割を果たすのです。医療レーザー脱毛は、毛穴からの毛の再生を阻止することで、スベスベでつるんとした肌を実現します。

ただし、完全な永久脱毛を保証するものではなく、脱毛効果は個人によって異なるでしょう。それにもかかわらず、多くの人々が医療レーザー脱毛を選ぶ理由は、効果的かつ比較的安全な方法であるためです。

医療レーザー脱毛機の種類とは

近年、さまざまな種類の医療レーザー脱毛機が開発されています。ここでは、主要な医療レーザー脱毛機の種類について説明しましょう。

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーは、脱毛効果が高く、メラニンに対して強力な反応を示す波長(755nm)をもっています。

これにより、濃い毛や剛毛に対して特に効果的です。アレキサンドライトレーザーは、シミやそばかすの治療にも使用されることがあります。

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーは、波長のバランスが取れており、広範な肌色や毛質に対して効果的です。

とくに産毛に対して高い効果を発揮し、肌への負担が少ないとされています。また、色黒肌や日焼け肌にも対応可能です。

ヤグレーザー

ヤグレーザーは、長い波長(1,064nm)をもち、深部に到達しやすいのが特徴です。

頑固な毛に対して効果があり、根深い毛へのアプローチに優れています。また、メラニンへの影響が少ないため、色黒肌や日焼け肌にも使用できる場合があるのです。

蓄熱式と熱破壊式の2つの照射方法

医療レーザー脱毛には、主に蓄熱式と熱破壊式の2つの照射方法があります。

これらの方法は、レーザーの照射パターンや出力の違いによって特徴付けられます。

蓄熱式脱毛

蓄熱式脱毛は、低出力のレーザーを連続的に照射する方法です。

レーザーの照射を繰り返すことで、毛根に熱を蓄積させます。この熱がバルジ領域に到達し、発毛の司令塔となる部位を破壊。蓄熱式脱毛は、産毛に対しても効果的であり、痛みも少ないとされています。

また、色黒肌や日焼け肌にも対応可能であり、肌に優しいのがメリットです。ただし、即効性はあまり高くなく、効果が徐々に現れるため、何度かの施術が必要となる場合があります。

熱破壊式脱毛

熱破壊式脱毛は、高出力のレーザーを1回の照射で瞬間的に照射する方法です。

この方法では、レーザーの強力なエネルギーが毛根に直接働きかけ、毛の製造元である毛根を破壊します。熱破壊式脱毛は、とくに濃くて太い毛に対して効果的であり、即効性が高いとされているのです。

ただし、産毛の脱毛にはやや苦手な場合があり、毛が濃い場合や色黒肌では痛みが強くなる可能性があります。

まとめ

脱毛のメカニズムは、メラニンに反応するレーザーが毛根を破壊し、永久脱毛をうながすことです。脱毛効果を最大化するためには複数回の施術が必要であり、個人の肌質や毛の特性に合わせた最適な方法を選択することが重要です。医療レーザー脱毛機にはアレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーなどの種類があり、それぞれ異なる波長と特性をもっています。これらの脱毛機は、効果的かつ安全な脱毛効果を実現するために医療施設やクリニックで使用されているのです。また、医療レーザー脱毛には蓄熱式と熱破壊式の2つの照射方法があり、それぞれ異なる特徴と利点をもっています。

 

おすすめ業務用脱毛機一覧

イメージ1
2
3
4
5
会社名株式会社富士美容機(ペガサス)レナード株式会社(バイマッハ)株式会社エストラボ(ルミクス・A9)株式会社NBS(CLEAR/SP-ef#)株式会社エクレーヌ(CUBE DUO)
価格341万円468万円470万円261万8,000円(税込)151万8,000円(税込)
ランニングコスト
(1ショットあたり)
0.15円0.3円(0.49円以下完全保証)0.1円0.18円0.46円
性能高価格帯の脱毛機に劣らない基本性能で、2500Wの電力供給が圧倒的かつ安定した脱毛効果を発揮美容にも効果大!イオン導入の同時照射が出来、2本のハンドピースの同時冷却の他、各種機能が充実。デザイン性にこだわりつつ、性能も最高レベルな上、業界初の新機能、BBL(Broad-Band-Light)を搭載脱毛方式にTHRを採用!「抜ける光」で施術時間を短縮。導入効果で顧客満足度の高いCLEAR/SPシリーズセパレーツタイプとなっており、上下に分割することで上が15kg、下が18kgで移動が楽!業務用脱毛機の中でも最安値の価格帯
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
プロが厳選する業務用脱毛機「詳細はこちら」