【業務用脱毛機器おすすめ比較ランキング!】各人気メーカーの評判の脱毛マシンを口コミと一緒にご紹介!

業務用脱毛器が故障した際にやってはいけないこととは?

公開日:2022/04/01  最終更新日:2022/05/11
    


業務用脱毛器が故障した際にどうしてよいか分からず、とりあえずそのまま使い続けていませんか?故障したときに使用を継続するのは、トラブルのもとになるのでしてはいけません。この記事では故障が疑われた際にやってはいけないこと、故障の際にやるべきことについて解説します。

業務用脱毛器が故障した際にやってはいけないこと

ここでは業務用脱毛器が故障した際に、やってはいけないことを解説します。

■使用を継続する

業務用脱毛器が故障した際にもっともやってはいけないことは、そのまま使用を続けてしまうことです。調子が悪いまま使用を継続すると、さらに状況が悪化して機械が完全に壊れてしまう可能性があります。軽度の修理で済むところ、完全に故障すれば大事になってしまいます。

たとえ保証範囲内であっても復旧まで余計な時間がかかってしまうでしょう。なにより脱毛器はお客さんの肌に直接触れるものです。動作不良の脱毛器で施術することはお客さんがやけどをしたり、不要な痛みを与えたりする可能性もあり、トラブルの元になります。店舗としての信頼関係を失う行為なので、たとえ予約が入っていたとして、すぐに使用をやめてメーカーに連絡しましょう。

■自分で修理・分解をする

故障した際にしてはいけないことのもうひとつは自分で修理・分解をしてしまうことです。いきなりメーカー以外の修理業者に依頼するのも避けましょう。第三者が分解・修理を行うと、メーカーの保証から外れてしまう場合があります。故障した場合は自分で勝手な判断で修理を試みずに、メーカーやリース会社に相談するようにしましょう。

業務用脱毛器が故障した際にやるべきこと

では、故障した際にはどうしたらよいのでしょうか。以下で、業務用脱毛器が故障した際にやるべきことについて解説します。

■保証期間の確認

最初にすることは、メーカーの保証期間の確認です。店舗側が脱毛器を正しく使用し過失がない場合は、保証期間中であればメーカーにて無償修理や交換をしてもらえる可能性があります。故障を疑ったときには、すぐに保証書を確認しましょう。機械の耐用年数に対して保証期間は短いので、保証期間を延長するサービスなどを活用するのも有効です。

■メーカーに連絡する

保証期間を確認したら、次にメーカーへの連絡を入れます。状況を伝えて相談しましょう。修理してくれるのか、修理は有償なのか無料なのか、代替機を用意してくれるのか、などの具体的な対策をきいておくとよいでしょう。もし保証期間外であっても、どうしたらよいのかアドバイスをくれる場合もあるので、情報を整理したらまずは連絡してみてください。

経年劣化や寿命の場合は買い替えを検討しよう!

業務用脱毛器の耐用年数は5年から7年程度といわれています。しかし脱毛器の市場スピードは早く、実際には5年もすれば旧型機になってしまいます。美用脱毛業界は最新の機材を提供することも顧客へのアピールポイントになっているようです。5年を過ぎた機械はトレンドから外れてしまいます。大きな故障がなくても5年を目安に購入を検討するのがよいでしょう。

 

普段と何か違う、故障かな、と思ったらすぐに使用を中止してメーカーに相談しましょう。連絡の前に保証期間の確認をしておくとスムーズです。故障した機械を使い続けると、お客さんトラブルに発展する可能性もあるのでしないようしましょう。メーカー保証を受けるためにも正しい使用し、日頃からメンテナンスを行う必要があります。分からないときは普段からメーカーに相談しておきましょう。日常の相談や故障したときのサポートが厚いメーカーを選択することも大切です。