【業務用脱毛機器おすすめ比較ランキング!】各人気メーカーの評判の脱毛マシンを口コミと一緒にご紹介!

業務用脱毛機の修理方法と定期メンテナンス

公開日:2021/07/15  最終更新日:2021/04/05
    


業務用脱毛機は、故障などのトラブルになってしまいますと高額な修理代がかかってしまう場合がありますし、定期メンテナンスを行ったり、脱毛器の事故や不意なトラブルを防ぐためにも、日ごろのお手入れがとても大切です。メンテナンスの重要性や修理が必要になってしまった場合など、脱毛器に関する知識を本記事で学んでいきましょう。

業務用脱毛機は常に衛生的な状態にしよう

まず、業務用脱毛器は施術を受けに来るさまざまな人の肌に触れるものですから、衛生面にはとくに気を付けたいところです。本体に取り付けられているフィルターにゴミやほこりが溜まってしまわないよう、こまめに掃除をするとよいでしょう。

機械の裏側は施術を受ける方には見えない部分になりますが、掃除機や古い歯ブラシなどで汚れを取り除くことで空気の循環を正常に保ちます。フィルターが詰まってしまいますと、加熱された本体が熱をうまく放出できずに故障してしまう、という原因にもなりますので、未然に防ぐことはとても大切です。

掃除をする感覚は、頻繁に行うのが一番ベストだとされています。本体の表側も、脱毛施術をした際にジェルなどが付着していないかチェックします。また、とくに気を付けたいのは「ハンドピース」です。直接肌に触れるものでもありますので、使用の度に丁寧な除菌を心掛けましょう。除菌は本体をつなげているコードに対しても同様です。

定期メンテナンスでトラブルを防止する

業務用脱毛機を提供しているメーカーでは、定期メンテナンスを行ってくれるところが多く存在します。日ごろのお手入れだけではどうしても取り切れない細かい汚れなどは、プロに任せるとよいでしょう。機械が故障してから行うというよりは、トラブル防止のためと考えておくことが大切です。

古くなったパーツの交換はもちろんですが、水流計測器・発光力計測器といった専門の機械を使用して、目に見えない部分の不具合までチェックすることが可能ですので、積極的に利用した方がよいといわれています。使用設定値を適切にセットできるようアドバイスを受けることもでき、発光不足の状態にならないよう、しっかりと管理をしてもらえます。

衛生面以外に安全性も保障されることになりますので、導入している側としても安心です。業務用脱毛機は、「そう簡単には壊れないようにできている」ともいわれていますが、こういったサービスをうまく活用することでさらに長持ちさせることができます。

故障してしまった場合、修理方法やおおまかな流れ

業務用脱毛機が故障してしまった場合には、すみやかにメーカーへ問い合わせをします。その際、保証期間がどの程度設けられているのかも合わせて確認しておくとよいでしょう。保証期間が長いものが多く存在しますが、メーカーによりさまざまですので注意が必要です。

修理方法に関しましては、たとえばランプが寿命を迎えたり、他のパーツに異常が見られたりと、内容によってさまざまなので一概にはいえないとされています。また、どこを修理するかでも違いはありますが、近年では代替え機をレンタルし、修理が終わるまでレンタル代を支払えば修理代が無料となる方法を取り入れているメーカーが増えてきているとのことです。

基本的にはパーツ交換が主な修理方法となる例が多く見受けられますが、性能のよい脱毛器はメーカーによって、パーツが1つ壊れただけでも予想以上に大掛かりな修理となってしまう例もあるといいます。なお、全体的に使用年数が経ってしまっている機械になりますと、新しい脱毛器の導入を提案されることもあります。

 

業務用脱毛機は日ごろのお手入れが大切です。専門のプロによる定期メンテナンスも大切ですが、万が一故障などで修理が必要となった時のために、保証期間がどの程度設けられているかも合わせて、事前にチェックしておくとスムーズでしょう。