【業務用脱毛機器おすすめ比較ランキング!】各人気メーカーの評判の脱毛マシンを口コミと一緒にご紹介!

Eライト搭載の業務用脱毛器の導入前に知っておきたい事とは?

公開日:2021/09/01  最終更新日:2021/08/31
    


いろいろなサロンに導入されているのが、Eライトを搭載した業務用脱毛器です。買い替えの時期を迎えていたり、新たにEライト搭載の業務用脱毛器の導入を考えていたりするケースもあるでしょう。Eライト搭載の業務用脱毛器を導入する前に知っておきたいことを解説します。

Eライト脱毛とは?

Eライト脱毛の仕組みや特徴などの、基礎知識を紹介します。

■Eライト脱毛の仕組み

光エネルギーのIPLと、高周波エネルギーのRFの2種類を組み合わせて行うのが、Eライト脱毛です。IPLとRFではお肌に届くエネルギーの深さや範囲が異なります。この2種のエネルギーを同時に照射することで、一か所だけではなく毛乳頭やバルジ領域などのいろいろな箇所にアプローチできるのがEライト脱毛の特徴です。

■2種のエネルギーが生み出す相乗効果

Eライト脱毛で使用される性質の異なった2つのエネルギーは、お互いのマイナス面を補うことができるため、相乗効果を生み出しやすいです。IPLはメラニン色素に対して反応します。毛から伝わった光エネルギーが毛乳頭まで伝わり、ワキやVIOなどの濃くてしっかりとした太い毛に対しアプローチします。

一方、RFは高周波のためメラニン色素の影響を受けることがありません。そのぶんエネルギーが奥まで届き、毛の周囲組織に刺激を与えることができます。この2つのエネルギーによって、濃い毛はもちろん白髪や産毛においても抑毛や減毛が見込めるのです。

Eライト脱毛は美肌効果も期待できる!

Eライト脱毛搭載の業務用脱毛器は、脱毛に加えて美肌効果も期待できるのがポイントです。主に期待できる3つの効果を紹介します。

しみやくすみの改善

IPLの光エネルギーはメラニン色素にアプローチするため、しみやくすみの改善が期待できます。しみやくすみの一部はメラニン色素の沈着が原因でおこるからです。

ターンオーバーの促進

IPLの光エネルギーには、お肌のターンオーバーを促進する効果があるといわれています。ターンオーバーサイクルが乱れると、メラニン色素や古くなった角質が残ることがあります。サイクルを促すことにより、しみやくすみの対策ができるでしょう。

コラーゲンの生成の活性化

RFのエネルギーが深層部の細胞に刺激を与えることで、コラーゲンの生成の活性化が見込めます。IPLが届く範囲よりも深いところまで影響を与えられるRFにより、パーンとしたハリのある美肌を目指せます。

Eライト搭載の業務用脱毛器の導入前に知っておきたいこと!

Eライト脱毛搭載の業務用脱毛器を導入することにはメリットもあればデメリットもあります。それぞれ解説します。

メリット

Eライト脱毛では1回のケアで効果を実感できることが多く、また毛周期を意識しすぎずに照射しても問題はないとされています。そしてお肌にとって負担が少ないのもポイントです。熱が一か所に集中しないIPLなら、やけどのリスクを抑えられます。また高周波であるRFに関しては、刺激を感じることはほぼありません。

デメリット

Eライト脱毛では、照射の痛みを訴える利用者は多いです。多くの利用者が効果を実感しやすいといったメリットの反面、ケアに痛みをともなうことは多いのです。とくに痛みを感じやすいVIOなどを照射の対象とする場合は、冷却機能をチェックしておきましょう。また、肌質や体調などによってはケアの後に腫れや赤みなどが発生するケースも考えられます。

 

IPLとRFの2種のエネルギーがタッグを組むことで、抑毛や減毛における相乗効果が期待できるのがEライト脱毛です。メラニン色素が含まれた黒い毛はもちろん、色素の薄い白髪や産毛にまで一気にアプローチができるのもポイントでしょう。またEライト脱毛ではしみやくすみの対策やコラーゲンの生成なども見込むことができ、美肌効果も期待できるでしょう。Eライト脱毛では痛みを感じやすいともいわれます。冷却機能などをチェックしたうえで、業務用脱毛器を導入しましょう。