【業務用脱毛機器おすすめ比較ランキング!】各人気メーカーの評判の脱毛マシンを口コミと一緒にご紹介!

家庭用脱毛器と業務用脱毛器の違いとは?

公開日:2020/01/01  最終更新日:2020/01/17
    

個人にとっては、1回あたりの脱毛費を考えれば、自己処理する方法を選ぶようです。しかし、サロンを開業するのならば、それなりに製品を選ばなければなりません。そもそも、家庭用脱毛器との違いがあるとすれば、どんな点にあるのでしょうか。

サイズの違いから価格の違いまで

サロンに通いたいのに、子育てや仕事が忙しくて、ムダ毛の成長期にサロンへ行けない人もいるのではないでしょうか。自己処理をするという人も多いものですが、最近では家庭用脱毛器を選ぶ人が増えているようです。

サロン並みに脱毛効果があり、なおかつ肌がきれいになるのであればサロン通いすることもなくなるかもしれません。しかし、業務用脱毛機でもメリットがたくさんあり、安心安全に脱毛効果を得るにはサロン通いもおすすめです。

家庭用脱毛器と業務用脱毛機、どちらも脱毛効果に違いはないにしても、知識不足であれば肌トラブルや、打ち漏れでムダ毛が生えてくることもなきにしもあらず、サロンならば、知識も技術も定評があります。

脱毛機にもいろいろな種類があります。パッと見た印象で違いがあるのなら、小型サイズと大型サイズでしょう。家庭用脱毛器というだけあって、個人が購入できる価格にも違いが見受けられます。

数万円台から購入できるのが特徴

業務用脱毛機との違いには、操作性という扱いやすさがあるでしょう。家庭が使うことから、液晶画面であれ、ボタン式であれ、シンプルな扱い方ができます。

また、価格も数万円台から販売されています。業務用脱毛機ならば、性能面に不安が残る価格ですが、家庭で使うのならば問題ないようです。

家庭用脱毛器の方式には光とレーザーがあります。美容目的となるエステサロンでは光が主流です。特殊な光によって毛根の成長組織にダメージをあたえ、ムダ毛の発毛を抑制させるのが特徴の光と、さらに光を強くさせたレーザー方式があります。

ムダ毛の色素に反応することで脱毛効果が期待できるワケです。1回の照射に関していえば、1秒あたり3~5ショットが家庭用脱毛器の特徴です。またトラブルが起こっては元も子もありませんから、業務用と比べると刺激も効果も弱いです。

高性能で高額という大きな違いがある

美容目的となるエステサロンを開業するのであれば、高性能の業務用脱毛機の導入が集客に繋がります。家庭用脱毛器との違いの1つで、脱毛部位はボディだけでなくフェイシャルもあり、多彩なメニュー展開ができます。

パーツをカスタマイズできることもあります。美肌成分を肌に浸透させられるイオン導入という照射も可能です。こうした種類は、総合美容機器メーカーが開発に関与していて、施術でもちいる業務用基礎化粧品の取り扱いもされています。

また、シワやリフトアップに効果のあるEライト機能などは、家庭用脱毛器同様、優しい光でも十分美肌効果が期待できます。また、価格でいえば、これだけ高性能であるために300万円台から販売されているようです。

さらに、1回の照射では単発式も連射式もあり、1秒あたり10ショットという違いもあります。それだけスピーディーに施術がおこなえるワケです。また、サロンやクリニックで導入するのなら、強い光やレーザーです。火傷の不安も0ではありませんから、冷却機能がついています。本体が故障しないための機能としてついていたり、お客さんの肌に熱が伝わり低温火傷を起こさないための機能でもあります。

 

業務用脱毛機と家庭用脱毛器の違いとしては、分かりやすいところではサイズの違いです。持ち運びにもラクなサイズから、大きなサイズまであります。また、価格でいえば、ローンを組むほどに高額となる桁の違いもあるでしょう。

性能でいっても、脱毛効果のみならず、美肌効果まで期待ができることもあるようです。美意識が高いのであれば、サロン通いするのがおすすめですが、忙しさがあるなら家庭で使えるものを選ぶのもありでしょう。