【業務用脱毛機器おすすめ比較ランキング!】各人気メーカーの評判の脱毛マシンを口コミと一緒にご紹介!

業務用脱毛器を使用する際の電気代はどのくらいかかる?

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/07/10
    

エステサロンではフェイシャルや痩身などさまざまな施術が用意されていますが、最近は脱毛を目的にサロンに訪れる人が増えています。より多くの集客や売り上げを得るためにも、脱毛は提供したいところですが、そのためには業務用脱毛機を導入する必要があります。施術の際は電力を使いますので、どれぐらいの電気代がかかるかも調べておきたいところです。ここからは、脱毛を提供する場合に必要な電気代や、料金を安く抑える方法を考えていきます。

サロンの売り上げアップにつながる脱毛機の導入

エステサロンでは、美しくなるためのさまざまな施術が提供されています。そして、新しい顧客を獲得したい、より多くの売り上げを得るために新しいサービスの導入を検討している人もあるのではないでしょうか。美容にも多くの種類がありますが、ムダ毛にコンプレックスを感じている人は多く、エステサロンやクリニックで全身脱毛を希望する人も増えています。

ワックス脱毛の場合は、機器の導入は必要ありませんが、主流である光脱毛を提供するのであれば、業務用脱毛機が必要です。業務用脱毛機は決して安いものではなく、それなりの出費になりますが、メンテナンスが良ければ長期に利用できますし、多くの売り上げが期待できます。脱毛機の導入は新規顧客の獲得にもつながりますが、全身脱毛となると意外と多くの電力が必要になりますので、無理なく電気供給ができるかどうかはよく確認しておきましょう。

業務用脱毛機ごとに電気代は変わる

業務用脱毛機にも多くの種類があり、それぞれ違う特徴を持っています。毎日使うとなると、それだけ多くの電気代が発生しますのでより多くの利益を上げるためには消費電力を抑える必要があります。複数台を導入すれば、それだけ多くの電気代が発生しますし、フル稼働になれば多くの電気力が必要です。

それゆえ、業務用脱毛機を導入する場合も、消費電力はよく比較しておきたいところです。最近はより省電力タイプのマシンも増えてきましたが、それだけで選ぶのは避けたいところです。

まず、パワーの強い業務用脱毛機は施術に多くの電気が必要というイメージもありますが、最新のマシンでは施術に多くの時間を必要としません。それゆえ、早く施術が終わるとそれだけ回転率も良くなりますし、予約も取りやすくなりますので、売り上げアップにもつながります。

消費電力が多いマシンであっても、施術時間が短ければ意外と電気代がかからない可能性もあります。実際にかかる電気代はサロンの規模や導入する台数、一日の施術人数などでかなり変わってきます。

電気代以外の性能もチェックしよう

高額な業務用脱毛機は、一度導入すると長く使っていくことになりますので、あらゆる面から比較して優れたマシンを選んでいきましょう。電気料金が少なく済むものは、長期間で考えるとかなりお得ともいえますが、やはり選ぶときは売り上げアップにつながるものを選んでいくことが大切です。

まず、脱毛の効果に優れていることは重視する必要がありますし、長期間安心して施術を続けていくためには痛みが少ないことや肌に刺激がないことも大事です。さらに、施術がスピーディーにおこなえること、故障や不具合の発生が少ない質の良いマシンを選びたいところです。

電気代を抑える方法としては、脱毛機を省エネタイプのものを選ぶほかにも、エアコンや照明についても見直していきたいところです。古いエアコンは意外と多くの電力を必要としますので、脱毛機以外の電気製品についてもチェックしてみましょう。

 

業務用脱毛機を導入すると多くの売り上げや集客が期待できますが、マシンを使う場合は電気代も発生しますのでどれぐらいの電気代が必要になるのか、電気供給が十分にできるのかはよく確認しておきたいところです。

パワーの強いマシンは電気代が多く発生するイメージもありますが、施術時間も短く抑えることができ、回転率が良くなるというメリットもあります。業務用脱毛機を選ぶ際は省エネタイプを選ぶと電気料金の面では安心ですが、脱毛効果や肌への優しさもチェックしておきたいところです。