【業務用脱毛機器おすすめ比較ランキング!】各人気メーカーの評判の脱毛マシンを口コミと一緒にご紹介!

業務用脱毛機ごとに効果や特徴は大きく変わるのか

公開日:2020/12/01  最終更新日:2020/12/15
    

日本人はムダ毛のないキレイな肌を好むため、脱毛の施術を受ける人が増えてきています。そこで店舗に業務用脱毛機を導入したいという人もいるかもしれません。業務用脱毛器にはいろいろな種類があるうえ、商品によって効果や特徴も変わってきます。そのため、脱毛方法だけでなく、事前に性能による効果の違いなども確認しておきましょう。

それぞれの脱毛方法の特徴をチェック

光脱毛は特殊な光を肌に当ててムダ毛を減らすという施術です。光脱毛の業務用脱毛機は業界で最も多く導入されており、コストパフォーマンスに優れていることが最大の特徴です。痛みも感じにくいですし、光を照射した部分は少し温かくなる程度です。しかし、一度の効果が低いため、施術回数は多くなることを知っておきましょう。また、肌が日焼けしている場合や、色素沈着が起こっている部分には使用できないので注意が必要です。

永久脱毛を行う場合はレーザー脱毛の業務用脱毛機が必要となります。光脱毛よりも高い効果が期待できますが、導入できるのは医療機関のみとなっています。強力なレーザーを使用するため、施術が少ない回数で完了するというメリットも挙げられます。もちろん痛みが強いことや導入コストが高くなるなどのデメリットもあります。

ニードル脱毛は針を使用する脱毛方法であり、肌質に関係なく脱毛できることが特徴です。しかし、コストパフォーマンスが低いことや痛みが大きいなどのデメリットがあるため、ニードル脱毛の業務用脱毛機を導入している店舗は少ないです。

業務用脱毛機は性能によって効果が変わる

業務用脱毛機は種類によって効果の出方が異なってきます。最近では短期間で効果が得られる光脱毛の脱毛機が人気となっています。これは強い光を照射するというわけではなく、弱い光を高速で連射するという方式です。弱い光を使用するので痛みが少なく、肌への負担も少なくて済むというメリットが挙げられます。

しかし、これは現在生えているムダ毛に対しては効果がありません。あくまでこれから生えてくるムダ毛にアプローチするためのものであり、すぐにムダ毛が抜け落ちるわけではないのですが、施術を継続することでムダ毛の再生が遅くなりますし、少しずつ薄くなっていく特徴があります。痛みが少ないことや肌トラブルが起こりにくいことも特徴であり、日焼けした肌にも施術を行うことができます。

業務用脱毛機は商品によって重さも異なります。個人店に導入する場合、大型の脱毛機は必要ないでしょう。大型の脱毛機だと壊れた時の対応が大変になりますので、小回りの利く軽量な脱毛機を選ぶのがおすすめです。

業務用脱毛機にはいろいろな特徴がある

業務用脱毛機には連射できるものやジェルを使わなくてよいものなどがあります。しかし、安そうに感じる脱毛機であっても、トータルでは費用がかかってしまうこともあるので注意が必要です。照射回数が少なく済む脱毛機と連射できる脱毛機の場合、単純にコストを比較すると連射できる方が安くなるでしょう。しかし、きちんと効果を出すためには何度か同じ場所に当てる必要があるかもしれません。結果として照射回数が少ない業務用脱毛機とコストパフォーマンスが変わらないこともあるのです。

業務用脱毛機の特徴を理解し、施術メニューやターゲットに合わせた脱毛機を選んでいくことが大切です。また、業務用脱毛機はいろいろなメーカーから販売されているため、高い効果を期待するならメーカーにもこだわりましょう。メーカーの販売実績や保証期間をきちんと確認し、信頼できるメーカーの業務用脱毛機を購入することが大切です。購入後のサポートなども事前に確認すべきです。

 

業務用脱毛機にはいろいろな種類があるため、施術時間や重さなどを比較して選んでいくことが大切です。きちんと効果を出すためには脱毛機自体の性能を確認することはもちろん、商品のサポートや保証も重要なポイントとなります。