【業務用脱毛機器おすすめ比較ランキング!】各人気メーカーの評判の脱毛マシンを口コミと一緒にご紹介!

毛周期とは?しっかり理解して脱毛効果をさらに高めよう!

公開日:2021/10/15  最終更新日:2021/08/31
    


人間の体毛には「毛周期(もうしゅうき)」という毛の生え変わる周期があります。脱毛の効果を高めるには、この周期についてよく理解しておかなければなりません。また、毛周期が乱れてしまった場合の対処法を知っていると安心です。今回は、脱毛効果をさらに高める毛周期についてご紹介します。

毛周期とは?

毛周期とは、簡単にいうと「毛の生え変わりのサイクル」のことです。このサイクルには3つの過程があり、成長期、退行期、休止期と呼ばれます。3つのサイクルを繰り返すことで、髪の毛は痛みなく抜け、体毛も生え変わっているのです。

■成長期

毛が成長して伸びている期間のことを「成長期」といいます。この時期は発毛組織と毛がつながり、皮膚の表面に毛が現れ、最も活発に成長しています。成長期の毛はメラニン色素が濃いため、光脱毛の熱エネルギーが反応しやすく、脱毛効果が出やすいのが特徴です。

■退行期

毛の成長が止まり、抜け落ちる手前の期間が「退行期」です。毛が皮膚表面には出ていますが、発毛組織と毛は離れて抜け始めています。この時期はメラニン色素も薄くなってくるので、光脱毛の熱エネルギーも反応しにくく、脱毛効果が出にくくなります。

■休止期

休止期とは、摩擦やターンオーバーにより毛が完全に抜け落ちて、次の毛が生えてくるまでの準備期間のこと。毛が抜け落ちて、発毛組織は栄養を蓄えています。毛自体がないためメラニン色素がなく、脱毛効果があまり出ない時期です。

毛周期は脱毛の効果に影響する?

毛周期は脱毛効果を大きく左右するといわれていますが、この二つにはどのような関係があるのでしょうか。

■毛周期と脱毛の効果の関係

頭皮以外の毛の場合、皮膚の表面に見えている毛は全体の約30%しかなく、さらに成長期の毛は全体の約5%~15%程度ととても少量です。

光脱毛のターゲットとなるのは、発毛組織に効率よく熱エネルギーを与えられる「発毛組織と毛がつながっている成長期の毛」です。毛周期は個人や部位によって異なりますが、成長期の毛が生えているタイミングを上手く狙って施術を行うことにより、脱毛効果を最大限に高められるのです。

■毛周期を考慮した脱毛方法

毛周期を考慮し効果的に脱毛するには、数か月おきに施術をするのがおすすめです。だいたい2か月おきに施術をすると、退行期や休止期にあたる毛がどれくらいで成長期になるか判断しやすいといわれているので、これを基準にするとよいでしょう。

また、決まったタイミングで施術することも大切です。3か月周期、4か月周期というように、通うタイミングにばらつきがあるとうまく成長期に入った毛をとらえられない可能性があるため、サロンで推奨されたタイミングで通いましょう。

毛周期が乱れるのはなぜ?

毛周期が乱れる要因としては、まず普段の自己処理の方法が考えられます。毛抜きやワックスによる自己処理は、毛根ごとムダ毛を引き抜き、本来生えているべき成長期の毛まで抜いてしまうことになるため、毛周期が大きく乱れてしまうのです。その他には、睡眠不足や暴飲暴食、ストレスなどの生活習慣によっても毛周期が乱れてしまうことがあります。

「毛周期が乱れた場合の対策1」毛抜きでは抜かない

前述の通り、ムダ毛を根こそぎ抜くことは毛周期に大きな影響を与えてしまいます。脱毛後に毛が生えてきた際は気になるかもしれませんが、毛抜きで抜くのはNG。できるだけそのままにしておき、次回以降の施術で脱毛するのが得策です。どうしても気になるときは、カミソリや電気シェーバーで軽く処理する程度にしておきましょう。

「毛周期が乱れた場合の対策2」生活習慣の乱れに注意する

毛周期はホルモンバランスの乱れからも影響を受けるため、生活習慣の乱れに注意しましょう。規則正しい生活を守り、栄養バランスの整った食事をとるよう心がけてください。また、ストレスを軽減させるために、意識的にリラックスする時間を作ることも大切です。健康的な生活習慣を身に着けることで毛周期を安定させることができ、脱毛の効果をさらに高めることも可能になります。

 

今回は、脱毛効果をさらに高める毛周期についてご紹介しました。スムーズに脱毛を進めていくには毛周期の把握が欠かせませんが、毛周期そのものが乱れてしまうと思ったような効果が得られないことがあります。自己処理の方法や生活習慣の乱れについても注意しながら、効率よく脱毛を進めていきましょう。