【業務用脱毛機器おすすめ比較ランキング!】各人気メーカーの評判の脱毛マシンを口コミと一緒にご紹介!

国産の業務用脱毛器の特徴とは?

公開日:2019/11/15  最終更新日:2020/01/17
    

日本人の肌質には、アトピー肌や乾燥肌というのが目立ちます。もちろん、肌質に特化した製品もあるようです。また、故障することも考えたら、部品交換するのに海外から取り寄せるのはデメリットになりうるようで、そうしたデメリットを回避できる特徴を持つ製品もあるようです。

メンテナンスなどがしやすいのも特徴

業務用脱毛機の多くは、海外製のものが生産シェアを占めていますが、一昔前からトラブルやメンテナンス費の問題が囁かれていました。そのことからも、国産をPRする業務用脱毛機もありますが、特徴はどこにあるのでしょうか。

第一に、国産は安全性に優れていることはいうまでもなく、日本人の肌質や毛質にしっかり効果を期待できるうえ、購入者には手厚いアフターサポートがついてくる点が特徴です。デリケートな肌質の女性もいますし、そうした肌質の女性に向けたシェーバーや除毛クリームなどの脱毛アイテムも発売されています。そうした中でも効果が高いのが業務用脱毛機になります。

けっして安い買い物ではないため、故障して使えなくなったり、海外から部品を取り寄せるなどのややこしさがあるなら、販売メーカーのサポート体制やメンテナンス費用や時間、保証内容などが充実しているであろう国産が安心できるのではないでしょうか。

ちなみに、国産の中でも世界的ファッションデザイナーである日本人がデザインを監修しているケースもあります。機能性重視であるのはいうまでもなく、施術をするエステティシャンからはデザイン評価も国産にはついています。

脱毛効果がしっかり期待できるという特徴

国産の業務用脱毛機の特徴は、操作性や使いやすさがある点です。スムーズな施術が理想的なのに、本体が使いづらいのはネックです。経験の浅いエステティシャンでも戸惑うことなく使えているのは、日本語表示されている業務用脱毛機です。

海外製の操作パネルは英語表示のみであるケースもあります。設定できたとしてもシンプル(簡易)な表示で使いづらい意見も耳にします。操作が誰にでもできることは重要でしょう。そして、痛みの少ない脱毛ができるのも特徴で、1ショットあたりのパルス幅が長いようで、安全性の高さからこうした機能になっているのでしょう。

レーザーやフラッシュライトが採用された業務用脱毛機もあり、短い期間で脱毛効果がしっかり期待できるメリットはお客さまにも喜ばれるでしょう。最先端の技術が採用されたものは100万円を超える価格ですが、全身くまなくムダ毛処理を短時間でおこなえるのは魅力になっています。

さらに、優秀なドクターが開発に関わるだけあって、副作用(後遺症)のリスクが低いようです。もちろん、国産とは謳っても性能は異なりますからカタログを読んだり、担当者からアドバイスをもらって比較検討しましょう。

肌質や毛質に合わせた調節ができる

国産の業務用脱毛機の最大の特徴といえるのは、日本人の肌質や毛質を考慮して開発されている点です。例えば、レーザーやフラッシュを調節しやすくなっていて、肌トラブルのリスクをグッと抑えられる魅力があります。

日本人女性は、敏感肌や乾燥肌、デリケートな肌質の持ち主ですし、アトピー肌でもムリなく使える業務用脱毛機が販売されています。痛みに弱い女性にとっては、低刺激であるものを選ぶこともできます。もちろん、脱毛効果を実感できるまでに時間がかかりますが、肌荒れを起こしにくいのは美意識が高い女性にはメリットではないでしょうか。

脱毛後の仕上がりは、国内外の業務用脱毛機の出力や照射範囲によって差がありますから、そこは比較検討しましょう。それでも国産が選ばれる理由は安全性と長期的効果が期待できる点なのです。

 

海外製のものがある中で、国産の業務用脱毛機に関心が集まっています。その特徴は、安全性です。しかし、日本人の肌質はデリケートですし、毛質も産毛のように薄いために海外製では効果を実感するまでに期間がかかるものです。

海外製は、世界中での万人向けで、日本人女性に特化しているワケではありません。そうした点をカバーしている特徴もありますし、メンテナンスもしやすいメリットもあり、比較検討する人も増えているといいます。