【業務用脱毛機器おすすめ比較ランキング!】各人気メーカーの評判の脱毛マシンを口コミと一緒にご紹介!

業務用脱毛器のメーカーによる効果の違いとはどんなところ?

公開日:2019/12/01  最終更新日:2020/01/17
    

業務用脱毛機はメーカーごとに価格も違い、さらに性能も異なります。サロンで採用しているタイプごとに、さまざまな魅力があるようですが、どんな効果が期待できるのかに注目したいものです。

無痛に近いからこその違いもある

性能やメーカー選びの重要性を運営者や経営者は考えなければなりません。また、メーカーによる効果の違いがあるとすれば、どんなところにあるのでしょうか。もっとも、低額と高額となる業務用脱毛機での効果の差は度返ししての話になりますが、違いとしては、『無痛』『さまざまな毛質に対応』できることにあります。

業務用脱毛機では、パルス幅15mm秒~という長さであれば、肌刺激も少なくなって痛みが和らぐそうです。ちなみに、秒7ショット~であれば、光も減少することなく脱毛効果が期待できます。毛が濃い部分で痛みを感じることが多く、無痛に近ければそうした濃い部分にもしっかり照射できるでしょう。

もちろん、照射する部位によって魅力もたくさんあります。ワキやVIOならば、汗や生理などによる不衛生な部位にもなり、多くの人が悩む部位ですが、ムダ毛が生えなくなることで衛生的になるので『ニオイ』を抑制できます。男性ならば、ワキのみならずヒゲやギャランドゥとなる胸の脱毛でしょうが、雑菌の繁殖もなくなり、清潔感さえ感じられるでしょう。このように見た目だけでない身なりに直結するであろう魅力もたくさんあります。

肌質によるそれぞれの魅力がある

業務用脱毛機はメーカーごとに、レーザーや光という性能の違いもあります。その結果、『どんなタイプの毛質にも対応』できる違いが生まれます。例えば、メーカーによって産毛や埋もれ毛、剛毛に対応する業務用脱毛機を提供してくれていますが、多くの場合、特注となる製造なのです。

ですから、デリケートな肌質にもしっかり脱毛効果が期待できるのではないでしょうか。特にアトピー肌の場合には、安全性を考えて、施術そのものが受けられないことも少なからずあるようです。仕上がりも問題なく、火傷やかゆみなどの肌トラブルが少ないからこそ、選びたくなる業務用脱毛機になるのではないでしょうか。

エステを受けたような美肌が期待できる

業務用脱毛機のメーカーによって、ボディとフェイシャルのエステ脱毛という効果の違いもあるようです。直営のエステサロンを持つメーカーによって、適した業務用脱毛機が製造されています。

特に、美容を謳うサロンであれば、『肌トラブル』は死活問題になります。冷却機能付きであれば、火傷の心配も少ないようです。スキンケアやバストアップ、肌のたるみやニキビ肌までが改善されたり効果的である」そうした声も耳にします。

脱毛した後は肌が乾燥してしまうので、保湿が必要なのは周知されていますが、念入りに手入れをおこなうことによる美肌効果も期待されています。フェイシャルメニューを展開している脱毛サロンでは、微弱電流が流れるメーカーを使っているようで、イオン導入という照射がウリになっています。光脱毛は、コラーゲン生成を促すこともあるようですから、美肌効果を感じられるのにも納得できるのではないでしょうか。

 

業務用脱毛機は、家庭用と違って、性能がいいのはもちろん、しっかりムダ毛に働きかけてくれる違いもあります。それから、メーカーによって肌そのものにしっかり効果が期待できることもあるようで、これまでに照射できない、そうした肌でサロンから断られてきた人にとっては、こうしたサロンを利用するのもありではないでしょうか。

火傷の心配もないうえ、ニキビや肌荒れまでが改善できるのは、美容意識の高い女性には魅力に繋がる内容でもあります。