【業務用脱毛機器おすすめ比較ランキング!】各人気メーカーの評判の脱毛マシンを口コミと一緒にご紹介!

業務用脱毛機と家庭用脱毛器の効果の違いとは

公開日:2021/03/15  最終更新日:2021/03/30
    


脱毛機には業務用脱毛機と家庭用脱毛機の2つに大きくわかれます。それぞれさまざまなものがあり、さらに業務用脱毛機は医療機関でのみ使えるものも存在しています。そのためエステサロンでも使用できない業務用脱毛機もあるのが現状です。業務用脱毛機と家庭用脱毛機の種類は多岐にわたっており、それぞれ効果も若干異なっています。

業務用脱毛機の種類と効果とはどの点にあるか

業務用脱毛機は、医療用レーザーやニードル、ワックスやフラッシュなどの技法を用いて行っていきます。多くの脱毛サロンで使用されているのがフラッシュ脱毛であり、別名光脱毛と呼びます。

これは施術をする場所に光を照射し、毛を減らすことを目的としており、メラニン色素に反応し、毛根にダメージを与えて育ちにくい環境へと導くものです。医療機関で採用される医療用レーザーも似た仕組みになっていますが、より効果を得られるのが医療用レーザー脱毛であり、毛根にダメージを与えるだけでなく、毛根の細胞を破壊して毛を減らしていきます。

米国電気脱毛協会においては、毛の再生率が20%以下の状態を永久脱毛としており、業務用脱毛機を使用した場合は5回ほど施術をすると自己処理が不要となることが多いです。業務用脱毛器を使用したい場合は、医療機関やエステサロンなどに行く必要があり、さらに毛の周期を把握することが大切になってくるので、事前にいつ行くのかなどの準備を行うことが大切になります。

家庭用脱毛機のメリットと効果とは

家庭用脱毛機使用の場合家で好きな時間に行うことができることから、時間をなかなか作ることができない人や他の人に体を見られたくない人に受け入れられている脱毛方法です。さらに家庭用脱毛機は業務用脱毛機に比べると大変安価であり、1万円を切るものもあります。

家庭用のものはほとんど医療レーザーやフラッシュの仕組みと同じであり、違いは照射面積の広さや照射できる場所の多さとなっています。家庭用脱毛機は機器によりますが最大の照射回数が設定されており、多くの場合、20万回ほどできるようになっています。

1回購入するとカートリッジを交換する代金や電気料はかかるものの、あとはほぼお金はかかりません。毛の周期に合わせて予約をとったり、実際にサロンなどに出向いたりする手間を考えると、大変コストパフォーマンスがよい方法です。自分で好きな時間にリラックスできる自宅でできるのが最大のメリットであり、経済的な負担も少なくなります。

業務用脱毛機と家庭用との効果の違い

業務用脱毛機と家庭用との違いは出力の弱さにあります。家庭用のものは安全に使用できるよう業務用のものに比べると出力が大変抑えられており、その分脱毛の効果は緩やかです。そのため脱毛までトータルして考えた場合、時間と手間がかかりなかなか効果を実感できないため早くに脱毛したい人には不向きになります。

また家庭用は自分で行う分、手の届かないところは処理できない、機器によってはデリケートな部分に使用できないなどのデメリットがあります。この他家庭用脱毛機は永久脱毛をすることはできません。

時間がたてば自然に毛は生えてくるので、日ごろから自分の肌の状態を知っておくことが求められます。業務用脱毛機を使用して脱毛を行った場合、料金が家庭用に比べてかかりますが、手の届かないところや見逃しているところもしっかりと脱毛をできます。照射前にジェルを使用するので肌への負担も軽減することが可能です。

 

業務用脱毛機と家庭用との違いは、出力の差と肌への負担、価格にあります。出力の差がある分、業務用脱毛機の方が効果が出やすく、さらに医療用のものを用いた場合は永久脱毛をすることもできます。効果が持続しやすいのが業務用脱毛機となっています。