【業務用脱毛機器おすすめ比較ランキング!】各人気メーカーの評判の脱毛マシンを口コミと一緒にご紹介!

業務用脱毛機は出力調整が細かくできると安心

公開日:2021/06/15  最終更新日:2021/04/05
    


痛みの有無や施術の早さや美肌効果など、業務用脱毛機選びにおいて比較すべきポイントは数多くありますが、ライトの出力レベルを細かく調整できるかどうかも大事です。医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛の業務用脱毛機は、施術を受ける人の肌環境や肌色やムダ毛の毛質などに応じて選べるように、いくつかの出力レベルが設けられています。

業務用脱毛機に出力レベルが設けられている理由

毛孔角化や埋没毛や硬毛化や打ち漏れなど脱毛につきまとうトラブルやリスクにはさまざまなものがありますが、火傷もその一つです。ムダ毛の自己処理を繰り返したことで色素沈着が起こり肌が黒ずんでいたり、日焼けをして肌が褐色になっていたりすると火傷のリスクが高くなります。日焼けした肌や黒ずんだ肌は火傷が起こりやすくなるだけではなく、痛みが出やすくなるという問題もつきまといます。

そこで重要になってくるのが業務用脱毛機の出力レベルです。業務用脱毛機に出力レベルを設けている理由は、痛みが生じたり火傷が起こったりするのを防ぐためです。出力レベルを上げれば上げるほど脱毛効果は高くなりますが、それに伴い火傷や痛みのリスクも高くなってしまいます。

最高レベルでライトを照射するに越したことはありませんが、安全性や快適性を考えてレベルを少し下げたりして調整するのが一般的です。色素沈着で黒くなった部分や日焼けをした部分だけではなく、脂肪や筋肉が少なくて皮膚が薄い部分も痛みが出やすい傾向にあります。

出力レベルが細かく調整できる業務用脱毛機

業務用脱毛機にはさまざまなタイプのものがあり、それぞれ機能や特徴や脱毛効果やメリットやデメリットが異なります。安全で快適で痛みやストレスを感じない脱毛を実現させたいなら、出力レベルを細かく調整でできる業務用脱毛機を選びましょう。

肌環境や肌質や肌色や毛量やムダ毛の色素の濃さやムダ毛の太さなどに応じて、最適な照射パワーが選べるので安心です。照射パワーを抑えめにするケースについてですが、脱毛初心者でライトを照射した際のちょっとした痛みに慣れていない、日焼けや色素沈着でメラニン色素の黒色化が生じていて火傷のリスクがある、敏感肌やゆらぎ肌で刺激に弱く肌トラブルが起こりやすいなどがあります。

施術を何度か繰り返していけば徐々に刺激や痛みに慣れていきますが、初回はまだ免疫がない状態なので弱めの出力レベルから開始します。日焼けした肌や色素沈着で黒ずんだ肌は安全性確保のため施術ができないというサロンやクリニックもありますが、肌色を問わない業務用脱毛機であれば出力を調整しながら安全に脱毛できます。

レベルを調整すれば麻酔なしでも痛くない

エステティックサロンのフラッシュ脱毛は痛みが出にくいですが、皮膚科クリニックの医療レーザー脱毛はレーザー照射時に激痛が走ることがあります。医療レーザー脱毛は痛いというイメージが強すぎて、施術を受けるのをためらっているという方も多いのではないでしょうか。

細かく出力の調整ができる業務用脱毛機で照射パワーを微調整すれば、麻酔クリームや局所麻酔や笑気ガスなどを使用しなくても無痛で快適に脱毛をすることが可能です。皮膚科クリニックの医師や看護師は豊富な知識や経験や実績があるプロですので、絶妙な調整で患者さん一人一人の肌に応じたベストな照射パワーを瞬時に探し当ててくれます。

照射ヘッドに冷却機能が付いていたり、皮膚を引っ張ったり伸ばしたりして麻痺させながらレーザーを当てることができる業務用脱毛機であれば、さらに快適性が向上して快適でストレスフリーな痛くない脱毛が叶います。乾燥した肌だと痛くなりやすいですので、保湿ケアを徹底するということも忘れてはいけません。

 

冷却機能が搭載されていて痛さが軽減されたり、細くて柔らかい産毛から硬くて太い色素が濃い剛毛まで一本たりとも逃さずに脱毛できたり、連射が可能で素早く施術を終わらせることが可能だったりなど、業務用脱毛機選びでこだわるべきポイントはたくさんあります。自分に合った最適な脱毛を実現させたいなら、出力レベルの細かさにもこだわりましょう。