【業務用脱毛機器おすすめ比較ランキング!】各人気メーカーの評判の脱毛マシンを口コミと一緒にご紹介!

業務用脱毛器にかかる初期費用は?

公開日:2020/05/01  最終更新日:2020/05/25
    

脱毛サロンなどをするときに必要になるのが業務用脱毛機です。業務用というだけに家庭で使用されているものとは価格が大きく違います。そのため導入するにあたってどれくらいイニシャルコストがかかるのか把握しておきましょう。

高い機器と安い機器はどちらがよいのか

業務用脱毛機器は非常に多くのものが用意されています。それぞれ製造をしているメーカーが違うので販売価格もバラバラです。導入するにあたって必要になるイニシャルコストは本体の販売価格で、これは100万円くらいのものもあれば500万円以上する高額な商品もあります。

なぜ価格差が大きいのかというと値段が高いものほど高性能だからです。性能が高いということはそれだけ効果が高く多くの施術に対応できます。商売で利益を出すためにはイニシャルコストは負担が少ないほうが良いでしょう。高い業務用脱毛機器を導入するときにローンを利用すると借金が増えます。

借金が増えるということは損益分岐点が上がってしまうので利益を出せるまでの時間が伸びてしまいます。逆に損益分岐点をできるだけ下げるために、イニシャルコストの低い業務用脱毛機器を購入すれば早期に利益を出しやすいです。手持ちの資金を確認して無理のない金額の業務用脱毛機器を購入するのが賢いです。

ランニングコストや機能と初期費用を比べる

業務用脱毛機器の初期コストは本体価格がすべてを締めます。基本的に機械を購入するときには初期コスト以外にランニングコストも考慮しておくとその後も安心です。ランニングコストというのは導入後に必要になる業務用脱毛機器の運転コストです。脱毛機器は電気を使用して駆動するシステムをしています。

そのため電気代が非常に高いと長期運用をするときにかなりネックになるでしょう。初期コストとランニングコストのバランスを考えることが理想的な買い物方法です。例えば初期コスト100万円の商品と300万円の商品があります。初期コスト100万円のものは電気代が1照射あたり50円かかるとしましょう。300万円の商品は1照射あたり30円だとランニングコスト安価です。100万円の商品は初期費用が大幅に減らすことができるのですが、長期利用を検討する場合結構ランニングコストがかかります。

また高い商品は高機能な商品が多いので脱毛以外の作業も可能です。機能性がある商品を購入したほうが最終的な初期費用は少なくなる可能性があります。どうして費用が少なくなるのかというとサロンをするときに美容メニューなども扱う場合があるでしょう。

そうなると各メニューに対応した機器を購入しないといけません。業務用機器は市販品よりも高く高性能なので、どれも初期費用は結構かかります。複数の機器を購入すると多くの費用がかかりますが、1つの機器に集約されているものは個別に買うよりも安価に導入可能です。最終的な価格を見てみると初期費用は高いですが高性能な業務用脱毛機器のほうがお得です。ただ結構高い金額で販売されている商品なので、予算に余裕がある人は高性能な機器の導入を検討してみましょう。

分割支払いで安価に購入してみよう

業務用脱毛機器は一括以外に分割支払いも可能です。分割支払いの場合は最終的に支払う金額は高くなりますが、毎月支払う金額は非常に安価になるのがメリットでしょう。頭金が必要ないサービスだと初期費用はかかりません。商品を購入した月末に規定の金額を支払います。さらに翌月もお金を支払い完済するまで続けるシステムです。予算に余裕がない人は分割支払いを利用するのが安全です。

 

業務用脱毛機器は購入する機器の性能により初期費用が大きく変化します。高性能なものほど高いので損益分岐点などを考慮して購入しましょう。また初期費用だけでなくランニングコストや多機能性なども重視して脱毛機器を選ぶと、最終的な初期費用がお得になる可能性が高いです。脱毛機器は高いので一括で支払いができない人もいるでしょう。どうしてもまとまった金額を用意できないのなら、頭金なしの分割支払いを利用すると初期費用を0円で導入可能です。