【業務用脱毛機器おすすめ比較ランキング!】各人気メーカーの評判の脱毛マシンを口コミと一緒にご紹介!

業務用脱毛器を選ぶ際は照射面積に注目するべき理由について解説!

公開日:2022/01/15  最終更新日:2021/11/09
    


業務用脱毛器を選ぶ際、注目するべき点はたくさんあります。その1つが、業務用脱毛器の「照射面積」です。この記事では、照射面積とは何なのか、照射面積に注目する理由について解説します。脱毛器を選ぶ際に役立ててください。

業務用脱毛器における照射面積とは?

業務用脱毛器における照射面積とは、1回の照射で「光を当てることができる範囲の面積」のことです。全身脱毛を行う際はとくに、照射面積が広い方がよいです。照射面積が広いほど、一度に多くの部位に照射できるため、施術時間の短縮にもつながります。

そして照射面積は、サロンの回転率・収益率・満足度にも関わってくる大切な要素です。しかし照射面積が広すぎると、指先のような細かい部位には使いにくかったり、光が拡散して出力が弱くなることも考えられます。そのため、照射面積は適切なサイズのものを選ぶことが重要です。

業務用脱毛器を選ぶ際は照射面積に注目するべき理由

照射面積に注目するべき1つ目の理由は、施術時間の短縮でき、顧客の満足度アップができるからです。前述でも取り上げましたが、照射面積が広いほど一度に多くの部位に照射できるため、施術時間の短縮にもつながります。施術時間を短縮できれば顧客の拘束時間も短縮できるため、顧客満足度も比例して高まると考えられます。もちろん脱毛効果がしっかりと出るということが前提ですが、実績のある脱毛器を導入すれば、効果が得られないなんてことはありません。

また、照射面積に注目するべき2つ目の理由は、サロンの回転率の上昇・収益アップにつながるからです。照射時間の短縮により、1人あたりの施術時間が短くなります。その結果、今まで以上の人数を施術することにつなげられるのです。施術人数が増えるれば、当然売り上げも上がるので、収益アップに直結します。このことから、照射面積はサロンの収益にダイレクトに関わってくることが明らかです。よって、業務用脱毛器を選ぶ際には、事前に照射面積について調査しておくことをおすすめします。

業務用脱毛器を選ぶ際は照射面積以外の項目もチェックしよう!

業務用脱毛器を選ぶ際、照射面積以外にもチェックする点を2つ紹介します。

1つ目は、脱毛器の照射レベルが調整可能かという点です。照射レベルが調整可能だと、強くすることで脱毛処理を効率的に進めたり、肌の弱い人に対しては反対に弱めることもできます。人によっても、脱毛部位によっても痛みは変わってきます。レベルを調整できるものであれば、安心して使用できるのです。

2つ目は、コストパフォーマンスのよさです。初期費用となる「本体価格」、稼働するための必要経費となる「ランニングコスト」を含めたコストパフォーマンスのよさは、業務用脱毛器を選ぶ上で欠かせません。コストがかかり過ぎると、サロンの経営に影響を及ぼすため、できるだけコスパのよいものを選びたいと考えるのは当然です。しかし、あまりにもコスパを重視して、効果が低かったり時間がかかる施術を行うのでは本末転倒です。

サロンのコンセプトや顧客の満足度を考えて、効果のある脱毛器を選ぶ必要があります。照射面積については、実際に自分の目で確かめることがおすすめです。問い合わせをして、無料デモ体験や展示会などの機会を積極的に活用しましょう。1つではなく最低でも3つ以上の会社に問い合わせて見積もりを取ることにより、メーカーによる脱毛器の魅力の違いに気づくことができます。

 

照射面積は、サロン収益に直接関わってくる要素となります。そのため、業務用脱毛器を選ぶ際に照射面積に注目するのは大切です。無料デモ体験や展示会などの機会も積極的に活用して、照射面積を確認しておくことをおすすめします。