【業務用脱毛機器おすすめ比較ランキング!】各人気メーカーの評判の脱毛マシンを口コミと一緒にご紹介!

業務用脱毛機のアトピー肌への影響は?ダメージを抑えるコツ

公開日:2021/03/15  最終更新日:2021/03/30
    


アトピー性皮膚炎は、アレルギーを起こしやすい体質を持つ人、皮膚のバリア機能が弱い人に多い皮膚の炎症を伴います。アトピー性皮膚炎の症状を持つ人でも業務用脱毛機を利用できるのだろうか、脱毛したいけれども症状が悪化が心配だと考える人も多いのではないでしょうか。本記事では、業務用脱毛機のアトピー肌への影響について解説します。

多くのサロンでは症状に応じて施術を可能にしている

アトピー性皮膚炎の場合、業務用脱毛機の性質からして肌にダメージが与えられるため施術はできない、このように考えるケースは多いといえましょう。業務用脱毛機は、エステなどで利用する光脱毛やクリニックで使用されているレーザー脱毛などの施術で利用する専用のマシーンの総称です。

業務用脱毛機は、光もしくはレーザーを利用して毛根に働きかけるのが一般的で、肌に光線やレーザーを照射するとアトピーの症状が悪化するイメージが高まります。ただ、脱毛サロンやクリニックのホームページ内にあるよくある質問のページでは、アトピー肌の場合でも施術が可能なケースがあるのでカウンセリングで相談することが明記してあります。

基本的には、アトピーの人でも症状が落ち着いているときであれば施術を行うことができるようです。症状が落ち着いているときに業務用脱毛機を使うことで、痒みや湿疹などが強く出てしまう、これはかかりつけ医への相談をされてから行うことが安心につながります。

敏感肌も業務用脱毛機による施術は可能

アトピーは、薬による治療や生活習慣の改善など根気よく続けることで症状を和らげることができるようになる、その生活習慣の改善の中には肌を乾燥させないといった工夫が必要になって来るのですが、乾燥肌などのような敏感肌の人もお肌にしっかり潤いを与えることが重要とされています。

脱毛を行うと肌へのダメージが直接起きることはないけれども、業務用脱毛機の影響により肌が乾燥しやすくなるといいます。脱毛サロンの多くが施術前には乾燥肌にならないような施術を行ったり、施術後にトリートメントなどを利用して乾燥肌から守る施術を取り入れているのが特徴です。

お手入れを行う部分にはサロンやクリニックが用意している専用のジェルもしくはローションを使い肌への負担が軽減されるようにする、これは保湿効果を期待できるジェルやローションを使うので脱毛を行ったからといって乾燥肌が悪化してしまったり、アトピーの症状が酷くなるなどのリスクは少ないのです。

クリニックとエステサロンの比較

クリニックはレーザー脱毛を可能にしているけれど、エステ脱毛ではフラッシュ光線など光を使った脱毛など業務用脱毛機そのものが異なるのが特徴です。エステ脱毛で利用する業務用脱毛機には、S.S.C.方式やSHR方式、IPL方式などいくつの種類があるけれど、レーザー脱毛と比べるとパワーそのものが弱いので永久性を得ることはできません。

ただ、このパワーが弱いといった部分については肌状態があまりよくない、いわゆるアトピーの症状を持つ人や乾燥肌・敏感肌の人でも安心して施術を受けられるメリットがあります。これらのエステ脱毛の中でもSHR方式では脱毛時の痛みがほとんどなく、光が照射すると若干肌が温かくなる程度といいます。

S.S.C.方式も肌に優しい脱毛手法として注目が集まっているので、アトピーなどの症状を持つ人などはこれらの業務用脱毛機を利用しているお店を使うとよいでしょう。肌状態が安定しているときにサロン通いを行えばツルツルの肌を手に入れるチャンスにもつながります。

 

アトピー肌の人でも、大半の脱毛サロンやクリニックは施術を可能にしています。ただ、症状が悪化しているときなどは施術を控えることが大切ですし、脱毛サロン通いをしたいときなどはかかりつけ医に相談をしてから通うようにしましょう。