【業務用脱毛機器おすすめ比較ランキング!】各人気メーカーの評判の脱毛マシンを口コミと一緒にご紹介!

業務用脱毛機はエステも可能?

    

美容系脱毛サロンを経営するにも、脱毛機の性能やコスパはサロン評価や売上に直結するため、業務用脱毛機を購入するにも安いだけで性能を気にせずに選んでしまわないことが大事です。

評判が上がるのはエステというメニューにもあるようです。

 

 

 

 

脱毛メニューだけの機能しか持ち合わせていないのか?

今や、美容系脱毛サロンの開業は、マンションの一室からでも可能になっており、隠れ家的サロンは話題を集めています。

もちろん、口コミなどで評価されるのは脱毛効果ですから、業務用脱毛機の選び方、採用時のポイントによって、集客に繋がるようです。

第一に、脱毛機の性能の高さは重要でしょう。

最大パルス幅というのも脱毛機によって異なりますが、1ショットの発光時間が長いほど優しい光で皮膚へ届き、衝撃も少なく、痛みも少ない脱毛ができるようです。

脱毛の施術のイメージは、痛いということに尽きるので、性能で選ぶのならパルス幅は15mm秒~がおすすめです。

また、脱毛部位はボディだけでなく、フェイシャルもあるワケですから、フェイシャルメニューを装備している脱毛機であれば、多彩なメニュー展開もできるのではないでしょうか。

ここで採用時にポイントとなるのは、フェイシャル専用サイズのハンドピースの有無です。

全身脱毛とフェイシャル脱毛が兼用サイズとなっているのであれば、脱毛以外のメニューが施せないのではないでしょうか。

業務用脱毛機は脱毛のみなのか、それともエステもできるのか、こうした疑問点も出てきます。

 

スキンケアもできるハンドピースがある

美容系脱毛サロンを運営するのなら、どんなメニュー展開を望むのかもポイントです。

フェイシャルやボディ、スキンケアやバストアップなどのエステティシャンが施すサービスを行いたい脱毛サロンでは、業務用脱毛機にもこうした機能を求めるべきです。

直営の美容サロンを持つ機器メーカーであれば、サロン運営者の気持ちも理解した製品づくりに特化しているはずです。

もちろん、そうした機器メーカーには専用ハンドピースがあり、フェイシャルサービスもしっかり行えます。

例えば、2本のハンドピースが特徴、同時冷却機能により、熱を感じる前に交換でき、安全かつスムーズな施術ができるようです。

また、美容メニューでは肌トラブルは避けなければなりませんから、火傷や赤み肌の心配も少ないのは魅力でしょう。

中には、高速稼働には向いていないものの、その分、冷却の必要がない小型化された扱いやすい脱毛機もあるようで、出張エステに採用するのも手の内ではないでしょうか。

 

ニキビやしわにも効果的となる脱毛機

脱毛を利用する人は、美容意識も高いと思えるので、脱毛と同時に肌状態も改善、キレイ肌を手にできる機能はポイントも高いようです。

「エステも可能」こうした脱毛機も開発されています。

ハンドピースから微弱電流が流れるタイプは、専用ジェルの美肌成分を肌内部に浸透させられるイオン導入照射を実現できます。

総合美容機器メーカーが開発しており、施術で使用する基礎化粧品などの取り扱いもあるので、保湿しながら美肌になれるなど、相乗効果が期待できそうです。

しわ・リフトアップに対応できるEライト機能を備えており、優しい光でも十分脱毛効果も美肌効果も実感できるようです。

肌たるみやニキビなどに対応できるのも特徴、メラニン色素に反応する長い光は、ムダ毛の成長する力を低下させるだけでなく、コラーゲン生成を促すようです。

美容皮膚科でもフォトフェイシャルメニューが展開されているように、肌悩みの改善に効果的ですから、是非とも採用したい機能でしょう。

 

業務用となる製品は、ただ単に脱毛効果だけがあればいいワケではないようです。

ニーズは美容であるため、ニキビやしわの悩みまでが相談できる脱毛サロンが評価される時代です。

悩みに特化した美容機能が備わった製品選びが必要で、しっかり機能を取り入れた脱毛機もあります。