【業務用脱毛機器おすすめ比較ランキング!】各人気メーカーの評判の脱毛マシンを口コミと一緒にご紹介!

業務用脱毛機の痛みを軽減するコツはある?

公開日:2021/05/15  最終更新日:2021/04/05
    


業務用脱毛機には痛みが生じるといったイメージを持っている人も多く、経験した人の中には痛すぎて通うのをやめてしまったという人も少なくありません。脱毛をしたことがない人にとって、業務用脱毛機の痛みは大きな不安材料の一つになってくるので、ここでは痛みを強く感じてしまう理由と軽減するコツを詳しく紹介していきます。

業務用脱毛機の痛みが強くなる要因

業務用脱毛機の痛みを強く感じやすくなる要因としては、肌が乾燥している・肌が日焼けをしているなどといったことが挙げられます。乾燥した肌は敏感な状態であることから刺激に弱く、施術時の痛みが増す原因にもなってきます。

さらに乾燥している状態だと肌トラブルも起こしやすく、炎症を起こしてしまうリスクも高まってしまうため、脱毛期間中はいつも以上に保湿を心掛けることが大切になります。また、業務用脱毛機のレーザーは直接肌に作用することがなく、メラニン色素のような黒い色素に反応するという性質を持っているので、日焼けによって肌表皮のメラニン色素が増えてしまっているときは、レーザーが反応することで痛みを強く感じてしまう場合があります。

日焼けしている状態で業務用脱毛機のレーザーを照射してしまうと、やけどなどといったトラブルの原因にもなってしまうので、脱毛期間中はしっかりと日焼け対策を行うことが肌への負担を軽減させることにもつながってきます。

業務用脱毛機が痛い主な理由はレーザー照射による熱

業務用脱毛機に使用されているレーザーはメラニン色素に反応し、毛根部分の発毛組織を破壊する仕組みによって脱毛効果を発揮しています。レーザーを照射されたメラニン色素は、毛根に向けて高い熱を放出し、その熱によって毛乳頭が破壊されるという仕組みになっていますが、毛乳頭に働きかける熱の温度は非常に高く、発生する熱が周辺の皮膚に伝わることが脱毛時に痛さを感じてしまう原因にもなっています。

照射する温度は、光脱毛が約60℃〜70℃であることに対し、レーザー脱毛は約200℃にもなってくるので、毛根周辺の皮膚に熱が伝わることでやけどのような痛さを感じてしまいます。腕・背中・お腹などといった比較的皮膚が分厚い部位は痛みを感じにくい傾向にありますが、顔・脇・VIOは痛さを感じやすい部位なので、最初から脱毛方法を絞ってしまうよりも、自分が脱毛したい部位は痛みを感じやすいのかどうかを考えてから脱毛サロンやクリニックを選ぶことが不安を軽減させるポイントになってきます。

業務用脱毛機の痛みを軽減させるコツ

業務用脱毛機の痛みを軽減させるコツは、施術部位の肌を冷やすということで、冷やすことで熱による痛みを感じにくくなり、肌へのダメージを抑えることにもつながってきます。業務用脱毛機そのものに冷却装置が備わっていたり、保冷剤や氷嚢、冷却ジェルを使って冷却するなど、それぞれのサロンやクリニックで冷やし方は異なってきますが、これらの方法であれば熱によって生じる痛みを軽減させることが可能になります。

また、業務用脱毛機では麻酔を使えるという点もメリットで、麻酔といっても注射や点滴などではなく塗るだけのものや鼻から吸引するだけのものなので、麻酔に抵抗がある人でも安心です。

とくに鼻から吸引するだけの笑気麻酔は即効性があり、お酒を飲んだときのようなリラックスした状態になれますし、吸引が終われば数分で麻酔が切れるので身体への大きな負担もありません。塗るタイプのものは、顔やVIOなどといったデリケートゾーンの脱毛に適しており、部位に塗って皮膚の感覚を軽く麻痺させることで痛みを軽減できます。

 

業務用脱毛機の痛みを軽減させるコツは、脱毛部位を冷やしたり麻酔を利用するなどさまざまにあるので、どれが自分に合っているのかを考えてからサロンやクリニックを選ぶことがポイントになります。また、乾燥や日焼けをしてしまうと肌への負担も大きくなるため、肌のコンディションを整えておくことも大切になってきます。