【業務用脱毛機器おすすめ比較ランキング!】各人気メーカーの評判の脱毛マシンを口コミと一緒にご紹介!

あごひげの脱毛を行う男性が増えている!永久脱毛で後悔しない方法とは

公開日:2022/12/01  最終更新日:2022/12/05
    


男性の皆さんは毎朝髭剃りをしなければいけないので、面倒だと感じることも多いのではないでしょうか。「髭剃りをしなければもう少しゆっくり寝られるのに…」と思うこともありますね。そのようなことから、あごひげを脱毛する男性が増えています。この記事では、あごひげの脱毛についてまとめています。

あごひげの脱毛方法

あごひげを脱毛する方法は、主に3種類あります。それぞれの脱毛方法についてまとめておきます。なお、セルフ脱毛に関してはここでは除きます。

光脱毛

主にエステサロンで行われるのが光脱毛です。この脱毛は、光で毛根のメラニンやムダ毛を成長させる部分にダメージを与える方法になります。IPL脱毛やSHR脱毛、SSC脱毛など脱毛器の種類で照射方法が異なります。あごひげは、太くて濃い方がほとんどなので、IPL脱毛を行うのが効果的でしょう。光脱毛は比較的痛みが少ないですが、回数をかけなければ綺麗になりません。

医療レーザー脱毛

レーザーを照射して毛根にダメージを与えるのが医療レーザー脱毛です。医療機関だけで行われる脱毛方法となっています。施術は医師または看護師しか行えません。1回でもしっかり脱毛効果を実感しやすいですが、痛みが強めです。近年は、新しい医療レーザー脱毛機が登場しており、痛みはかなり軽減されています。

ニードル脱毛

1本1本ムダ毛を処理するので、1回の施術でしっかり脱毛できます。永久脱毛にあたる施術となっています。しかし、強い痛みがあることと、処理後に肌が赤くはれやすくなることはデメリットです。

あごひげを脱毛するメリット

あごひげ脱毛を行うとどのようなメリットがあるのでしょうか。メリットをまとめておきます。

自己処理の手間が省ける

あごひげを脱毛しておくと、自己処理をする回数を減らすことができます。自己処理では電気シェーバーやカミソリなどを使用しますが、時間が経過するとまた生えてきてしまいます。脱毛すると、ムダ毛が生えてくるまでに時間がかかるようになっていくので、自己処理の負担が減ります。また永久脱毛なら、脱毛完了後はお手入れしなくて済みます。

肌トラブルが起こりにくくなる

あごひげは自己処理可能ですが、肌に負担がかかるので注意しなければいけません。カミソリで処理した後は、どうしても肌荒れしやすくなります。脱毛することで、カミソリや電気シェーバーを使う回数は減ることから、肌荒れのトラブルも回避できるのです。

ツルツルすべすべになる

あごひげをカミソリで処理すると、剃った部分はジョリジョリしてしまいます。しかし、脱毛するとジョリジョリ感はなくなり、ツルツル、すべすべになるのです。その状態を長くキープできるのもメリットです。

後悔しないように知っておきたいデメリット

あごひげ脱毛を受けて後悔することがないようにデメリットも知っておきましょう。

痛みや炎症、やけどなどのリスク

あごひげ脱毛では、どの脱毛方法でも火傷や痛み、炎症などのリスクが出る可能性があります。痛みに弱い人は、麻酔を頼んでみてください。麻酔をすることで、痛みを和らげることができます。

減らしたひげは生えない

完全にツルツルにすることで後悔している人もいます。まずは量を減らすところから様子を見てみるのがおすすめです。一度減らしたひげは元に戻せません。デザイン脱毛が可能なサロンやクリニックだと安心です。

日焼けに注意しなければならない

脱毛中はとくに日焼けに注意しなければいけません。日焼け止めを必ず使いましょう。

費用がかかる

思っていたよりも費用がかかってしまったというケースもあります。そのため事前に予算を決めておくことと、どれくらいの相場なのか知っておくこと、通う予定のサロンやクリニックの料金を調べておくことをしておきましょう。

まとめ

あごひげの脱毛は、男性が最初に行う脱毛部位としても人気が高いです。そのため、各サロンやクリニックでも、ヒゲ脱毛キャンペーンを行っていることは多く、お得な回数制やコース制などもあるので、はじめての人も受けやすくなっています。痛みが心配という方は、1回お試しで受けられるところを探してみるのもおすすめです。自分に合うサロンやクリニックを見つけましょう。